ニュース

 更新内容が反映されていないと思われる場合は、お使いのブラウザの「表示の更新」を行うか、「F5」キーを押して、表示の更新を行ってください。
福井しあわせ元気国体 で御所実業ラグビー部単独チーム(奈良県代表)が優勝しました!
「第73回福井しあわせ元気国体」
ラグビー少年男子の部
御所実業高校が見事優勝しました!
本校単独チームで2年ぶり2度目の優勝です
全校「チーム御所実」で喜びたいと思います
※「チーム御所実」は本校の合い言葉です
 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第6日、ラグビーの少年男子決勝が行われ、奈良県代表の御所実業単独チームが福岡選抜を28対23で下し、単独チームとして2年ぶり2度目の優勝を果たしました。
 試合前半は福岡の素早い展開にディフェンスの隙を突かれトライを許し、7対20とリードを取られました。 しかし、後半にはディフェンスラインが福岡のスピードに対応し、中盤から3つのトライを奪いかえし、28対23で逆転勝ちしました。



これからも、応援よろしくお願いします!


国体報告会が行われました
  10月10日(水)に国体報告会が行われました。
  全校生徒が拍手で迎える中、部員は入場・登壇しました。

 〜まず山田校長の祝辞を掲載します〜

 この度、福井県で開催された「第73回国民体育大会」において、 ラグビー少年男子の部で御所実業高校が見事に優勝しました。
 2年ぶり2度目の優勝です。
 本当にすばらしい、輝かしい業績だと思います。
 ラグビー部の生徒たち、そして顧問の先生方で、勝ち取った全国の1位です。
 既に大きく報道されていますが、本校にとっても大きな活力になるのではないでしょうか。
 全校生徒とともに、そして「チーム御所実」として、ともに喜び合いたいと思います。
 選手諸君にとっては、この国体での一戦一戦の経験が確実に自信となり、 今回の優勝は、一段と成長したことの確認が、できたのではないかと思います。
 次のステージ、花園の舞台でも是非、全国制覇を成し遂げてほしい。
 再び、優勝報告会ができることを期待しています。
 今後、更なる活躍を祈念して、お祝いの言葉とします。

 また、山下碧生生徒会長からは「国体優勝は多くの人に素晴らしい感動を与えてくれた。これからもチーム一丸となって頑張ってください」 とことばが送られました。

 最後には、ラグビー部青木拓己主将が「国体優勝は自分たちの力だけではなく、多くの方々の支えのおかげです」とあいさつをしました。 また、国体での試合を振り返り、「新たな課題も見えたので、花園へ向けてさらに上を目指し練習に励みたい」と話しました。

もどる(HOME)