私たち7組は、博多に着いてから天神の方で班別自由行動をしました。そこでは、お目当てである博多ラーメンを各班が様々なお店で食べました。
 それからバスで長崎港に向かい、そこではキャリーのカギを忘れた人がいましたが、JTBの方のキャリーのカギと一緒で、開けてもらうという奇跡的なことも起きました。それから、ジェットフォイルに乗り、いよいよ五島です。入島式や入村式を経て各家庭へ向かいました。宿泊先の家の方々がご飯を作って待っていてくださいました。とてもおいしく、お腹も心も満たされました。


 次の日は、昨日の夜の雨で予定していた家業体験ができず、堂崎海岸に連れて行っていただき、海と教会を見ることが出来ました!その後、各地区で行われるバーベキューに参加しました。私の行った翁頭地区では海の幸と野菜で、とても新鮮なものをたくさんいただきました。
 帰ってからは、念願のかんころ餅作り体験をしました。焼きたてのおもちに安納芋を混ぜて形を整えて完成です。一緒にあんこ餅も作りました。どちらもほっぺたが落ちるほど甘くおいしかったです。


 3日目は、晴れたので家業体験として芋ほりをさせていただき、帰りに見たことのない広さのダムへ連れて行っていただきました。家の周りにあった田んぼなどはダムから水を引いて使っているそうです。さすが自給自足の島だなと思いました。
 午後には、島を離れないといけませんでした。五島はとても自然豊かで空気がとてもキレイでおいしかったです。各地区で離村式を行いジェットフォイルで長崎に帰ってきたら、次は長崎散策です。私たち7組は大浦天主堂やグラバー邸をクラスで回り、そこから班別自由行動でした。思い思いの物やお土産をたくさん買うことができ、とても満足しました。3日目の最終目的地のホテルに着くとみんなのテンションもかなり高まりました。学年全員でご飯を食べたり、お誕生日会をするのはとても斬新でたのしかったです。


 そして、迎えた最終日。クラス単位で朝ごはんも済ませ、目指すは海きらら水族館です。班別で水族館を回り、クラスで佐世保バーガーをたべました。まだまだ食べたりない男子は、買い足していましたがとてもボリュームがあり、おいしかったです。ラストは、博多駅周辺の散策です。博多名物のお菓子や食品を思い思いに買いました。
 残すところは、帰るだけとなりました。終わりが近づくにつれて、楽しかったという声が多く聞けてとっても良かったです。新幹線の中では、疲れ切っていて熟睡している姿も多く見うけられました。とてもとても充実した楽しい修学旅行となりました。7組のみんなの仲も深まってとてもよかったです。