今年の文化鑑賞会は、日本の古典芸能である「狂言」「落語」「曲独楽」の演者の方々をお招きし、本校アリーナにて開催されました。舞台には大きな松の絵が飾られ、普段のアリーナとは違った雰囲気の中はじまった鑑賞会。演者の言葉や仕草に大きな笑いが生まれ、巧みな話術や、繊細さが成せる技に拍手がわき起こりました。また、古典芸能を体験するワークショップがひらかれ、代表の生徒たちが狂言における笑い方や落語の話し方・仕草を学び、全校生徒の前で発表し、大いに盛り上がりました。