2015 2学期終業式・壮行会

 

 11クラブ7個人47名の生徒に対する表彰伝達に引き続き、空手道部・卓球部・ソフトテニス部25名の全国・近畿大会出場に向けて壮行会が催され、日ごろの練習の成果を十分に発揮して頑張ってくるよう激励されました。

その後の終業式では、学校長式辞として、キリマンジャロに登頂した神奈川県の高校1年生が例にだされ、マイナスをプラスにして自分を変えるエネルギーを高校生はもっているので、歯をくいしばって乗り越えてほしいという話をされました。

 また、北野生徒指導部長からは、日頃のお互いの関わりの中で、ちょっとぐらいという気持ちでやったことが相手にとってダメージになっていることがあるので、自分の行動をふりかえってほしいと話がありました。事故・事件にまきこまれないよう気をつけて、1月7日、全員元気で再会しましょう。