ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

校長からのメッセージ

奈良県立生駒高等学校長からのメッセージ

Message from Principal of Ikoma Senior High School


ようこそ、生駒高校のホームページへ

奈良県立生駒高等学校のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

【第1学期 始業式より】

 新しく転入された先生方にも着任していただき、いよいよ平成31年度がスタートします。5月には令和(れいわ)という新しい元号に変わります。日本初の元号である「大化」から数えて248番目だそうです。4月1日に新元号が発表され、今年はいつもの年とは少し趣の違う日本中が興奮気味の新年度のスタートとなりました。昨年度は、事あるごとに「平成最後の○○」と言われましたが、5月以降は「令和初の○○」という言葉が溢れることでしょう。元号の変わり目の節目の年に遅れをとらないように新しい時代に向けて、生駒高校も心機一転良いスタートを切りたいものです。

 新2年生は、中堅学年として新入生の見本となるべく、学業や部活動、学校行事など、一生懸命に取り組まなければならないことがたくさんあります。「一生懸命真面目に頑張ることが格好いい。」を実践し、中だるみではなく、充実の1年にしてください。 3年生は、いよいよ最高学年です。進路実現・高校卒業の年です。今年度が皆さんにとってとても大切な年度になることは間違いありません。今この瞬間にしかできない、君たちにしか出来ないことがいっぱいあります。学習・クラブ活動・学校行事等、最後の締めくくりの年度です。生駒高校の「校風」は誰でもない君たちが作っていくべきものです。

 明日の入学式では、320名の新入生を迎え、いよいよ全校生がそろって新年度がスタートします。期待と不安の中で新入生は登校してきます。皆さんでしっかりとリードし、一日も早く生駒高校生に育ててあげてください。新しい教室で新しい先生・友達との生活が始まります。皆さんも、1日も早く新しい環境に慣れ、落ち着いて学習活動に取り組んでください。

 時代の節目節目には、若者が活躍し、将来こうなりたいといった夢や願望を誰もが持つものです。 いくら望んでも、願っても、今それに向けた具体的な行動で努力をしないと、成果は現れません。 願うだけでそのうち誰かが何とかしてくれる、あるいは自然に叶うという事はありません。単なる夢や願望で終わってしまい、結果につながりません。

 将来、見事な花を咲かせたいと思うなら、こつこつと一生懸命に努力することが必要です。 花が咲くと言うことで、皆さんは「花わらう」という表現を知っていますか。つぼみが開き花が咲くことを、花がわらうと言います。元々は、「笑う」という漢字と「咲く」という漢字は同じ漢字でした。だから、女優の武井咲(えみ)さんは、咲くと書いて「えみ」と読みますよね。花の咲き方にもいろいろあって、大笑いするように咲く花もあれば、微笑むように咲く花もあります。今、生駒高校にも桜の花が見事に咲き誇っています。桜のトンネルが皆さんを温かく迎えてくれました。桜の花が咲いて人の心を魅了するように、ここにいる皆の笑顔の花が咲けば、周囲を明るくし、もっと魅力的な生駒高校になるような気がします。 生駒高校の至る所にきれいな花をいっぱい咲かせましょう。

新年度が、皆さんにとって充実した花盛りの年度になることを願い、式辞とします。

校長 森 田  茂

関連ページ

  1. 校長からのメッセージ
  2. 校長からのメッセージ
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる