ナビゲーションを飛ばして本文へ
ホーム > ニュース&トピックス > 創立30周年記念式典

NEWS & TOPICS

創立30周年記念式典

祝創立30周年・奈良県立香芝高等学校

式典会場・校歌斉唱

 平成21年10月31日(土)、本稿体育館を会場に、創立30周年記念式典と記念講演会とが開かれました。

 当日は朝から晴れ渡り、汗ばむほどの好天に恵まれました。
 式典は午前10時過ぎに開式。吹奏楽部のファンファーレに続いて国歌独唱。生徒全員による校歌斉唱のあと、山崎淑美学校長が式辞を述べました。来賓を代表し、奈良県教育委員会教育長冨岡将人氏が祝辞を述べました。続いて生徒会長藤本大輝君が生徒を代表しての喜びのことば、創立30周年記念事業実行委員会委員長上田淨(きよし)氏のお礼の言葉でしめくくられました。

学校長式辞教育長挨拶

生徒会長・喜びのことば

 第2部は香芝高校の30年のあゆみを紹介するビデオ作品と吹奏楽部の記念演奏で午前の式典をしめくくりました。

 ビデオは本校放送部が作成したもので、真美ケ丘と香芝高校の30年間を紹介したスライドショーと歴代校長へのインタビューをもとにした作品です。

 式典に参加していただいた来賓の方々にはお礼を申し上げますとともに、香芝高校の今後のチャレンジを暖かく見守ってくださいますよう引き続きお願いいたします。また式場の準備や当日の進行・接待等に参加した各クラブ、生徒会の皆さん、ありがとうございました。

記念講演会・宮川花子氏

 午後は13時30分より記念講演会。「花子の四方山(よもやま)話」という演題で宮川花子氏をお迎えしました。娘のさゆみさんと横山やすしさんの娘ひかりさんとの漫才コンビ「さゆみ・ひかり」が前座をつとめました。

 偶然ですが宮川大介・花子夫妻も香芝高校と同じく、今年が結成30周年だということです。

 婦人警察官から弟子入りした花子さん。夫大介さんが病気で倒れたことなど重い内容も交えながら、持ち前の軽妙な話術で元気を与えてくれるお話。

 講演後はさゆみさん、ひかりさんを交え、香芝高校の生徒と名物先生たちを舞台に引き上げてのトーキングショーで講演会をしめくくってくださいました。

奈良テレビ放送の教育広報番組「教育ならニューズルポ」で、記念式典の様子が11月4日放映されました。奈良県立教育研究所で動画配信されていますのでご視聴ください(期間限定:平成21年11月17日〜平成22年1月半ば)。

ホーム > ニュース&トピックス > 創立30周年記念式典
このページのトップへ このページのトップへ