お知らせ

 今月のことば(学校長)

平成26(2014)年度 9・10月

「決して諦めない不屈の精神

「考えることで人は強くなる

 2学期の始めは、具体の目標がより具体に、あるいはギアの切り替えのときである。

『成功の反対は失敗ではなく、諦めである』

『青年は決して安全な株を買ってはならない』

ということばがあるように、簡単にあきらめない、安易な選択をしない、つまり、リスクはともなうが、挑戦することが大切である。

 そのことが必ずや将来、大きな財産となり、宝となることを信じてほしい。今は、迷うことなく、何事にも一所懸命、粘り強く取り組むことが大切である。『克己』の精神で!

 激動の社会を生きるために、今必要なことは、斬新なアイディアや発想を産む「想像力と創造力」である。そのためには「広い視野と教養、深く考える力」が求められる。まず聞く力と考える力、不思議に思い、問いかける力を身につけよう。そこからすべてが始まる。考える力『思考』は、偉大な生きる力の源となり、活動の原動力となる。

 考えることをやめ、命令に黙々と従うことは楽かもしれない。しかし、怖さが潜んでいる。

 さあ、人に与えられた時間には限りがある。自分の人生とすべての人の幸せのために「考動力」を身につけよう。

 「考えることで人は強くなれる」のだから・・・

 

過去の『今月のことば』  

 

奈良県立橿原高等学校
最新情報
  • 各種手続
  • モバイルサイト
〒634-0823
奈良県橿原市北越智町282