ホーム > 学校紹介 > 沿革

沿革

学校紹介

本校のあゆみ
明治
明治9(1876)年 8月 小学校教員養成のため南郡山村三の丸邸内に郡山予備校開校。
明治9(1876)年 10月 堺県師範学校分局郡山学校と改称。
明治14(1881)年 1月 現位置(城址二の丸)に新校舎落成。2月堺県廃止
明治14(1881)年 3月 大阪府立堺師範学校分校郡山学校と改称。
明治14(1881)年 10月 郡山学校師範科を分離して大阪府立郡山中学校と改称。
明治20(1887)年 11月 奈良県再設置され奈良県郡山尋常中学校と改称
明治26(1893)年 10月 奈良県尋常中学校設置(本校創立記念日となる)
明治29(1896)年 4月 畝傍、五條に分校を設置
明治32(1899)年 4月 分校が独立する
明治34(1901)年 6月 奈良県立郡山中学校と改称。
明治39(1906)年 4月 奈良県生駒郡立農業学校創立。
明治44(1911)年 4月 郡山町立実科高等女学校創立。
大正
大正2(1913)年 8月 校訓「誠実」「剛毅」「雄大」を制定。
大正9(1920)年 4月 奈良県郡山高等女学校と改称。
昭和
昭和23(1948)年 4月 学制改革により奈良県立郡山高等学校発足。
昭和23(1948)年 5月 同窓会を冠山会と名づける。
昭和23(1948)年 9月 県立郡山高校・県立郡山農業高校・町立郡山城東高校を統合し、
男女共学の綜合高校となり「奈良県立郡山高等学校」と称す。
昭和23(1948)年 11月 農業課程設置。
昭和25(1950)年 4月 定時制普通課程設置。
昭和31(1956)年 4月 女子課程設置。
昭和33(1958)年 4月 農業課程分離独立し県立郡山農業高校となる。
昭和35(1960)年 4月 理科館竣工。
昭和38(1963)年 10月 新体育館竣工。冠山会館竣工。
昭和38(1963)年 11月 創立70周年記念式典。
昭和39(1964)年 3月 定時制普通課程廃止。
昭和43(1968)年 3月 女子課程廃止。
昭和44(1969)年 3月 東館(特別教室)竣工。
昭和48(1973)年 11月 創立80周年記念式典
昭和49(1974)年 1月 新校友会館竣工。
昭和52(1977)年 4月 奈良県立郡山農業高等学校を奈良県立城内高等学校と改称。
昭和54(1979)年 3月 講堂改築工事竣工。(校友会館南側に)
昭和58(1983)年 6月 創立90周年記念式典。日本庭園「共慶園」の造成。
昭和63(1988))年 3月 西館竣工。
平成
平成4(1992)年 9月 新本館竣工、創立100周年記念前年祭。
平成5(1993)年 5月 新冠山会館竣工。
平成5(1993)年 10月 創立100周年記念式典。
平成12(2000)年 3月 新武道場竣工。
平成15(2003)年 10月 創立110周年記念式典。
平成16(2004)年 4月 奈良県立郡山高等学校と奈良県立城内高等学校が統合し、
奈良県立郡山高等学校と称す。
平成17(2005)年 6月 奈良県立城内高等学校創立100周年記念式典挙行。
平成18(2006)年 4月 冠山・城内両学舎での教育活動開始。
平成19(2007)年 5月 冠山会と麟麟会(城内高校同窓会)が統合され、冠山会と称す。
平成24(2012)年 10月 新弓道場完成。
平成26(2014)年 10月 創立120周年記念式典。

▲このページの先頭へ