ホーム > 在校生 > 警報発表時の対応

警報発表時の対応

台風等により奈良県内に暴風、大雨及び洪水の災害が発生すると判断して「警報」が発表された場合、可能な限り情報を集め、天候や地理的な状況に応じて、次のような措置をとる。

1 登校前、大和郡山市に「警報」が発表されている場合

(1) 自宅で待機し、テレビ、ラジオ等の通報を確認し、午前11時まで(午前11時を含む)に「警報」が解除されたときは、直ちに安全な方法で登校する。
(2) 上記の時刻までに「警報」が解除されなかったときは「臨時休業」とする。

2 登校前、大和郡山市以外の生徒居住市町村(地域)に「警報」が発表されている場合

(1) 「警報」発表以外の市町村(地域)の生徒は平常どおり登校する。
(2) 大和郡山市以外の「警報」が発表されている市町村(地域)の生徒は上記1(1)に準じる。また「警報」が上記の時刻までに解除されなかったときは、登校しないものとし、出席に準ずる扱いとする。

3 考査期間中の場合

(1) 午前6時30分に、県北部のいずれかの市町村において「警報」が発表されている場合は自宅待機とする。ただし、県南部にのみ「警報」が発表されている場合、「警報」が発表されている市町村に居住する生徒は自宅待機とする。           
(2) 「警報」により自宅待機する生徒において、午前11時まで(午前11時を含む)に県北部の市町村の「警報」がすべて解除されたときは、午後1時を目安としてHRを実施するので安全な方法で登校し、その後予定の考査を実施する。ただし、県南部に「警報」が発表中の場合、「警報」が発表されている市町村に居住する生徒は自宅待機とする。
(3) 県北部のいずれかの市町村において上記の時刻を過ぎても「警報」が解除されなかったときは「臨時休業」とする。その場合、考査期間を延長し、実施できなかった考査はその最終日に実施する。

4 登校中において「警報」が発表された場合

情報を知り得た時点で、登校か帰宅か地理的により安全な方へ移動する。

5 在校中に「警報」が発表された場合

気象情報、並びに県教育委員会の「警報発表に伴う指示」を参考にし、学校の措置に従って行動する。なお、放課後にあっては、部活動等を中止し、気象状況の判断により下校する。

6 その他

道路や交通機関の状況により登校できないときは、自宅に待機し、その状況を学校に連絡する。

▲このページの先頭へ