What We Think about JAPAN
 日本の印象など 

カタカナ言葉
オリビア ルナ (Olivia Luna)
2008年8月〜2009年8月 教育研究所勤務
About a year or two ago, someone who had studied Japanese for a few months told me that they thought katakana was the simplest part of learning Japanese: “It’s based on English!” they said, “What could be easier?” And from one point of view, this is true.
 ちょうど1、2年前だったか、日本語を勉強し始めた知り合いが、日本語の中で「カタカナ言葉」が一番簡単だと言っていたことがありました。「英語から派生している言葉も多いから、簡単なはずだよ」と。ある意味、確かにそうだと思います。

 When I go out to eat at places like サイゼリヤ or びっくりドンキー, it is a lot easier to understand what I am ordering when it is written in the katakana for a word that we use in English, like “hamburger (ハンバーガ)” or “fries (フライドポテト).” But the more I read, see and hear katakana/English in Japan sometimes, the more confusing and surprising it can be!
 「サイゼリヤ」や「びっくりドンキー」みたいなファミリーレストランに行った時は、本当にそう実感します。「ハンバーガー」や「フライドポテト」のように、英語をそのままカタカナに直してメニューに載せてくれているので、とてもわかりやすい。
しかし、カタカナ言葉を知れば知るほど、混乱したり、驚いたりすることも多くなってきました。

 Sometimes katakana can be difficult to understand because it changes the syllables of the English word into Japanese. For example, in English we say “McDonalds,” but in katakana it becomes “makudonarudo (マクドナルド).” To an English ear, these sound very different!
 カタカナ言葉では英語の音節を日本語風の音節にかえているため、わかりづらい時があります。例えば英語では“McDonalds”は、あえてカタカナで表記すれば「ミクーナルズ(“ダ”にアクセント)」ですが、カタカナ言葉では「マクドナルド」です。英語のネイティブスピーカーの耳には、この2つの言葉はまったく別物として聞こえます。

 But there is another difficulty to katakana that both Japanese people and native English speakers don’t often think about. Because katakana is (usually) based on English words, many people think that native English speakers use katakana words the same way Japanese people do. Japanese people seem surprised when I tell them that we (Americans) don’t use the words “one piece (ワンピース)” to describe an outfit that typically women wear. On the other hand, the first time I heard the words “バイキング焼き肉” I didn’t know what that was supposed to mean. “バイキング? Viking? What does that have to do with meat? I just want to eat yakiniku, what do Vikings have to do with it?”
 また、英語のネイティブ達も日本の方々もあまり考えたことがないかもしれませんが、さらにややこしい点がもう一つあります。カタカナ言葉はたいてい英語をもとにしているので、たいていの人は英語でも同じように言うのだろうと思っています。そんな時、私が日本語では「ワンピース」と呼ばれている女性の服を、アメリカではそうは呼ばない、と言うととても驚かれます。(注:英語では“dress”)また、初めて「バイキング焼き肉」という言葉を聞いた時は、どういう意味かまったくわかりませんでした。「バイキング?Viking?どうしてそれがお肉と関係あるの?ただ焼き肉が食べたいだけなのに…バイキングがいったい何をするんだろう?」と。(注:英語では“all-you-can-eat”)

 Understanding this differences in how words are used in Japanese and in English is what makes Katakana英語 interesting to me. Even when we use the same words, we can still misunderstand each other because of our cultural differences. Because language is rooted in culture, just knowing the words, the grammar and the kana is not enough, we must always seek to understand the meaning behind our words and our actions in order to understand each other.  
この英語と日本語での言葉の使われ方の違いがわかってくると、カタカナ言葉がどんどん面白くなってきました。私たちが同じ言葉を使っている時でさえ、文化の違いからお互いに誤解をまねいてしまうこともあります。それは、言葉というものは文化に根ざしたものだからでしょう。ただ単語や文法、カタカナを覚えただけでは不十分で、理解しあうためには、私たちは常にその言葉や行動の奥にある本当の意味を模索し続けないといけないのではないでしょうか?

 Discussing Katakana英語 helps bring these differences to light and I am grateful that I had the opportunity to help introduce the topic to my fellow co-workers at the Kenkyusho with Tanaka-san.
 今回カタカナ言葉について色々話しあったことで、いろんな「違い」が明らかになりました。また、このことを同僚の先生方に紹介する機会を持ててとても嬉しく思っています。
                                                                   (2008年12月)
                                                             

BACK
サイト内検索: