American English and British English
アメリカ英語とイギリス英語

The English language was first introduced to the Americans by British colonisation, the language also spread to other parts of the world as a result of the spread of the former British Empire, which by 1921, held sway over a approximately a quarter of the world's population. Over the past 400 years, the form of the language used in the United States and that used in the British Isles have diverged in a few ways, leading to the dialects now referred to as American English and British English.
 英語が最初にアメリカ人に伝えられたのは、イギリスによる入植によってでした。そして、大英帝国の広がりの結果英語も世界各地に広がり、1921年までには、世界の人口のおよそ4分の1を占めるまでになりました。この400年くらいの間にアメリカで使われている英語とイギリスで使われている英語はいくつかの点で枝分かれしていき、いまやそれぞれ「アメリカ英語」「イギリス英語」と称されるようになりました。
Although differences between the two styles of English are apparent and instantly recognisable (recognizable?!) to native speakers, it is important to note that the two are more or less mutually intelligible and greater differences exist within the two styles as opposed to between them. Having said that, there are enough differences to cause occasional misunderstandings or at times embarrassment, for example, some words that are quite innocent in one style may be considered vulgar in the other.
 この二つのスタイルの英語の違いは、ネイティブ・スピーカーならすぐにわかりますが(認識できる:(英)recognisable、(米)recognizable)、大事なことは、その違いは多かれ少なかれ互いに理解可能なものであり、「アメリカ英語」と「イギリス英語」という2つの違う言語があるということではなく、より大きな違いは、その2つのスタイルに内包されるものだということです。よく言われていることですが、そういった「違い」によって誤解が生じたり、恥ずかしい思いをすることがあります…例えば、片方のスタイルの中では、特に含みのない言葉が、もう片方のスタイルの中では、失礼な意味を持っていたり…
The “Queen’s English” is typically found in the south east of England and in educated people from elsewhere in the country. Though a minority style of speech in the UK, this style of English has come to represent England and the UK abroad, being the primary style of speech employed by the BBC, (something of a flag bearer for the UK abroad) as well as British overseas diplomatic missions and portrayals in popular culture. American English too, has regional differences in accent and dialect, though such differences are spread across a larger geographical area and perhaps less extreme.
 いわゆる「クイーンズ イングリッシュ」はイングランド南東部でよく用いられているとともに、イギリスのそれ以外の地域出身の教養ある人たちの間でよく話されています。実際イギリスでは「クイーンズ イングリッシュ」を使うのは少数派にあたりますが、BBC(イギリス国営放送)が標準語として使っていることもあり、イギリスの外交施策やポップ・カルチャーにおける象徴的な‘イギリス’同様、海外においては今やイングランドとイギリスを代表するものとなっています。(自国の旗を背負って海外で暮らす英国人にとっては特に思い入れがあります。)アメリカ英語もまた、そのアクセントや言葉に地域的な違いはありますが、その違いはイギリス英語より広い地域まで広がっているとはいえ、イギリス英語ほど極端なものではないでしょう。
Actual differences in the two styles can be seen in minor spelling alterations (colour/color, spelled/spelt) as well as in the representations of date and time and use (and pronunciation) of the letter “z”. However, the most noticeable difference is in pronunciation itself. Depending upon the listeners point of view, the Queen’s English can seem authoritative and educated through to spoiled and elitist. American English is also interpreted differently depending upon the audience, many young Brits see American English as “cool,” while those more cynical of Her Majesty’s subjects associate it with a lack of control and general “loudness.”
 実際の違いといえば、ささいな綴りの変化(英:colour、米:colorや英:spelled、米:speltなど)や、日付や時間の表記の仕方、‘z’の文字の使い方(とその発音)が挙げられます。しかしながら、一番顕著な違いは、発音そのものです。クイーンズ イングリッシュが権威的で教育レベルが高いものととらえられるか、思い上がっていてエリート主義的だととらえられるかは、聞き手によるところが大きいといえます。そして、アメリカ英語もまた、受取手によって、違った解釈のされ方をします。アメリカ英語をかっこいいと思っているイギリスの若者達がたくさんいる一方、言語統制力の欠如による言葉の乱れであり、公共の‘騒音’だと批判的にとらえる昔ながらのイギリス国民もいます。
The rise of the United States after the World War II has seen American English gain popularity among many learners of English as a second language. However, many former British colonies (Canada, Australia, India, New Zealand), retain British English as the standard form. It is easy to overstate the importance of this linguistic divergence, and in fact, the British vs American English debate provides little more than anecdotal and entertaining exchanges between people from the two linguistic traditions.
 第二次世界大戦以降のアメリカ合衆国の隆盛により、英語を第二言語として学習する人達の中ではアメリカ英語が人気を得ているようです。しかし、英国の元植民地(カナダ、オーストラリア、インド、ニュージーランド)は、イギリス英語を標準語とみなしています。この言語学的な枝分かれの重要性をことさらに強調するのはたやすいことですが、実際、この「イギリス英語 対 アメリカ英語」論議は、この二つの言語的背景を持つ人たちにとっては、単なるサイドストーリー、笑いながら話せるような話題に過ぎません。

By Samuel Crofts (サミュエル クロフツ/県立郡山高等学校/2007年8月〜)

イギリス英語とアメリカ英語の単語の相違例
日本語 イギリス英語 アメリカ英語
エレベーター lift elevator
ガソリン petrol gasoline
トイレ loo restroom
アパート flat apartment
弁護士 barrister attorney or lawyer
ソーセージ bangers sausage
ゴミ箱 bin trash can
ビスケット/クッキー biscuit cookie
スコーン scone biscuit
地下鉄 tube subway
休暇旅行 holiday vacation
ズボン trousers pants
切った前髪 frindge bangs


 BACK

サイト内検索: