平成14年度 奈良県教育委員会指定研究員 研究主題と要旨

分野

研究分野

研究主題

教育経営 学校経営 豊かな心をはぐくむ活力ある学校づくり
- 校内組織と校長の役割、リーダーシップの在り方を求めて-
不登校はじめ、基礎学力、思考力、判断力、表現力の低下など、本校は様々な問題を抱えている。これらの解決に当たっては、一人一人の教職員がもっている能力を最大限に発揮させることが重要である。そのため、管理職としての校長は、一人一人の教職員の能力と適性を十分に把握し、それぞれの持ち味が十分生かせるよう校内組織を整え、校長としてのリーダーシップを発揮することが大切となる。本研究では、校長の役割とこれからの学校経営の在り方について考察した。
事務 学校経営に主体的に参画する学校事務
- 文書管理は起案・発送文書から-
大宇陀町の情報公開制度導入に伴い、文書分類表の見直しや起案書の導入など文書管理事務は大きく転換している。そこで、これまでの収受文書中心の文書管理事務から、原本主義に基づく起案文書・校内発送文書に重点をおいた文書管理事務へと、よりよい文書管理の実現を目指す中で、学校経営に主体的に参画する学校事務の在り方について考察した。
教科・領域 特別活動 子どもの自主的・実践的な態度を育てる特別活動
- 子どもが生き生きと取り組む学級活動に向けた指導の工夫-
子どもの自主的・実践的な態度を育てるためには、@学級の中の問題を見つける力、A解決の仕方を考える力、B解決に向けて協力して取り組む力の育成が必要であり、その素地として子ども同士のよりよい人間関係が大切であると考える。そこで、グループワークトレーニングを取り入れ、対人関係能力を高めるとともに、学級活動の活性化に向けた組織づくりやワークシートなどによる指導の工夫に取り組んだ。
教育一般 家庭教育 子どもがいきいきと育つ家庭教育の支援について
近年の都市化、核家族化、少子化、情報化等の社会状況の著しい変化は、親の子育てや幼児の育ちに大きな影響を与えていると思われる。そこで、保育者と親との信頼関係を大切にした親子、親子同士及び親同士をつなぐ支援の在り方や父親の子育てへのかかわり方など「親育ち子育ち」の手助けとなるような取組を研究した。
障害児教育 通常の学級に在籍するADHD 児への対応
通常の学級の担任にADHD についての気づきを促すために行動の具体例をまとめた。また、ADHD 児等について正しく理解し、個々の特性に応じた指導や支援をしていけるような手だてを考えた。
人権教育 豊かな心をはぐくむ人権教育
- 「家庭科」を通した人権学習について-
本校では、家庭科の各分野の学習活動や家庭クラブ活動を通して社会活動に取り組み、生徒の社会参加を促してきた。社会参加を通して生徒の中には、人権問題に対する関心の高まりも見られる。このように人権についての学習は、教科学習を通しても行われるものである。そこで、2 年生の人権学習との関連も踏まえ、家庭科の「食生活」分野において人権意識を育てる学習の在り方を研究した。
生徒指導 豊かな心をはぐくむ生徒指導の創造
- ピア・サポートを活用した生徒指導の試み-
子どもたちの取り巻く社会の変化により、対人関係能力を身に付ける機会が減り、この状況は少なからず学校生活にも影響を与えている。特に、部活動における生徒指導上の課題として「上級生と下級生の望ましい人間関係の構築」が強く望まれている。、本研究では、ピア・サポートを活用した活動を通して、部活動における対人関係能力を育て、異年齢集団間の人間関係の改善を図る実践を試みた。
情報教育 学校教育における情報通信ネットワークの活用
- データ共有における教材の活用-
専門学科を設置する学校においては、すでに情報に関する基礎科目の授業が展開されており、教科「情報」の内容に関する分野についても教材開発が試みられている。そこで、普通科高校と専門高校それぞれの学校で作成した教材を共有化することの有用性について研究した。
学校教育における情報通信ネットワークの活用
- 工業科科目「情報技術基礎」と普通教科「情報」の教材の共有化-
従前より工業科で実施されている科目「情報技術基礎」と、来年度より実施される普通教科「情報」との指導内容の中には共通するものがある。そこで、普通教科「情報」の授業においても活用できる「情報技術基礎」の教材をHTML 形式で作成し、教材の共有化について検討した。さらに情報通信ネットワークを活用した効果的な指導法について考察した。

もどる