奈良県立教育研究所 研究紀要・研究集録

分 類 年度 研究主題 キーワード
  特別支援教育 H25 特別な教育的支援を必要とする生徒への不登校の改善に向けた支援の在り方 
−奈良県の高等学校における事例検討から−
 
不登校、高等学校、発達障害、グラウンデッド・セオリー・アプローチ 
  特別支援教育 H25 卒業後の生活につながる授業の在り方
−キャリア教育の視点を取り入れて−
 
プロジェクト研究
学校間連携 、主体性、授業改善、現場実習、作業学習
 特別支援教育 H24 高等学校の特別支援教育における校内体制の在り方
−校内組織の効果的な活用を目指して−
プロジェクト研究
特別支援教育コーディネーター、実態把握、個別の指導計画、職員研修、不登校、共通理解、組織的対応
 特別支援教育 H23 授業改善につながる「個別指導計画」の在り方 プロジェクト研究
 特別支援教育 H22 広汎性発達障害のある幼児の指導における「自立活動」について プロジェクト研究
 特別支援教育 H21 学校コンサルテーションの実際U プロジェクト研究
 特別支援教育 H20 学校コンサルテーションの実際
−特別支援学校におけるセンター的機能の充実−
○ 学校コンサルテーションの実際
−特別支援学校と小学校との協働による教材作りから−

○ センター的役割としての教育相談の現状と課題
−教育相談の観点と整理と評価、校内への蓄積の検討−
プロジェクト研究
 特別支援教育
 人権教育
H20 子どもの確かな人権意識を育てる学習
−発達障害への理解を深める取組−
発達障害、知識的理解、感情的理解、擬似体験、受け入れられ体験、
自尊感情
 特別支援教育 H19 特別支援教育の在り方
−高等学校における校内支援体制−
プロジェクト研究
教員文化、協働、校内支援体制、支援のトライアングル
気付き、発達障害、実態把握、校内支援体制
 特別支援教育 H18 体育科におけるコミュニケーション能力の育成
-「体ほぐしの運動」を通してLD・ADHD等のある児童も共に学ぶ-
コミュニケーション能力、体ほぐしの運動、LD・ADHD等
 特別支援教育 H18 特別支援教育の在り方 プロジェクト研究
校内支援体制、連携、コーディネーター、教育相談

通常学級、実態把握、手立て、授業改善、一人一人のニーズ
校内委員会、校内支援体制、コーディネーターの役割

 特別支援教育 H18 魅力と活力のある学校経営
−特別支援教育における高等養護学校の在り方についての実践研究−
特別支援教育、学校経営、学校評価、カリキュラムデザイン、高等養護学校
 特別支援教育 H17 発達障害児の視機能評価の在り方
−盲学校との相談活動を通して−
発達障害児、視機能評価、視力評価、視標
 特別支援教育 H17 特別支援教育における個別の教育支援計画の在り方
−小学校から中学校へのスムーズな移行−
特別支援教育推進体制、個別の指導計画、小学校と中学校の連携
 特別支援教育
 幼児教育
H17 特別支援教育の在り方
−個別の指導計画の取組について−
個別の指導計画、指導記録、目標、手だて、評価
 特別支援教育
 幼児教育
H17 幼稚園における自閉症への教育的支援の実際
-集団生活の中で適応していくための環境・かかわりについて-
自閉症、保育環境、保育内容
 特別支援教育
 幼児教育
H17 特別支援教育の在り方
―自閉症への教育的支援の実際―
自閉症、構造化、保育案
 特別支援教育 H16 知的障害養護学校における教育相談の在り方
―校内の教育相談についての考察―
教育相談、知的障害養護学校、特別支援教育コーディネーター
 特別支援教育 H16 特別支援教育の校内体制づくり
−初年度の試みと課題について−
特別支援教育、校内体制、小学校との連携
 特別支援教育 H16 校内支援体制の在り方
−校内委員会の立ち上げに向けて−
特別支援教育、特別支援教育コーディネーター、校内支援体制
 特別支援教育 H16 盲・ろう・養護学校のセンター的役割
−小・中学校への具体的な支援の在り方を探る−
センター的役割、教育相談、特別支援教育コーディネーター
 特別支援教育 H16 視覚に障害のある子どもと『絵』に関する研究
−『絵』や『描くこと』に親しませる取組を目指して−
視覚に障害のある児童生徒、指導方法の工夫、絵

  奈良県立教育研究所  なら“先生の蔵”〜授業のための教材・教具集〜