奈良県立教育研究所
学校教育 笑顔いっぱい 中学生時代 創造する世代
大和路 歴史の旅 大和路の文化財 大和の風景 たのしい奈良の歴史
夢を求めて 明日への対話 学校へようこそ レッツエコライフ
いきいき家族 ふるさとの自然を訪ねて フォーカスオンなら
       
大和路の文化財
豊かな風土と古代からの歴史のなかで創造されてきた奈良県内の有形・無形の文化財を紹介します。
當麻寺
(平成15年制作19分)
古代の東西両塔が立つ當麻寺を訪ね、當麻曼荼羅など貴重な文化財を紹介する。
葛城の道
(平成14年制作19分)
金剛・葛城山麓の道をたどりながら、葛城の道沿いの歴史や社寺を紹介する。
豊かな風土と古代からの歴史のなかで創造されてきた奈良県内の有形・無形の文化財を紹介します。
番組名 内    容 制作年度
平群探訪 朝護孫子寺、十三塚など平群町の特色ある文化財を紹介する。 平成15年度
奈良県の弥生文化 代表的な弥生遺跡のひとつである唐古・鍵遺跡を訪ね、奈良県における弥生文化を紹介する。 平成15年度
大塔の伝統文化 県無形民俗文化財に指定されている大塔村の伝統行事を紹介する。 平成15年度
興福寺 興福寺を訪ね、特色ある歴史や、阿修羅像など貴重な文化財を紹介する。 平成15年度
仏像の世界
   
仏像には様々な種類がある。県内の仏像を紹介しながら、仏像の見方について学ぶ。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 平成15年度
奈良県の縄文文化 山添村、吉野町、橿原市の遺跡や出土資料を紹介しながら奈良県における縄文文化を探る。 平成14年度
十津川の大踊り 十津川の伝統文化とそれを支えてきた人々のくらしを紹介する。 平成14年度
葛城の道 金剛・葛城山麓の道をたどりながら、道沿いの歴史や社寺を紹介する。 平成14年度
菟田野の秋 宇太水分神社の秋祭りを中心に、菟田野町の文化財を紹介する。 平成14年度
當麻寺 古代の東西両塔が立つ當麻寺を訪ね、當麻曼荼羅など貴重な文化財を紹介する。 平成14年度
巨勢山と巨勢谷の古墳 御所市南部の古墳について、巨勢山古墳群や條ウル神古墳の発掘調査の成果も交えながら紹介する。 平成14年度
室生寺を訪ねて 室生寺を訪ね、その歴史を探るとともに、建築物や仏像などの魅力について紹介する。 平成13年度
奈良県の縄文文化 山添村、吉野町、橿原市の遺跡や出土資料を紹介しながら奈良県における縄文文化を探る。 平成13年度
山添・神波多神社のまつり 山添村にある神波多神社のまつりを中心に、周辺の文化財を紹介する。 平成13年度
歴史の息づく校舎
   
県内に残る古い校舎を訪ね、かつての学校生活や地域とのかかわりなどを紹介する。全国自作視聴覚教材コンクール文部科学大臣賞受賞作品 平成13年度
南朝の里~西吉野の歴史と文化財~ 柿の産地として知られる西吉野村は南北朝の歴史の舞台でもあった。その西吉野の歴史と文化財を紹介する。 平成13年度
大和の城と城下町~郡山と高取~ 郡山城と高取城を訪ね、平城と山城のちがいや城下町の様子などを紹介する。 平成12年度
かぎろひの里 阿騎野、森野旧薬園、大蔵寺など、かぎろひで知られる大宇陀町の歴史や文化財を紹介する。 平成12年度
暗越え奈良街道 三条通から生駒山の暗峠までの街道をたどり、赤膚焼や沿道の文化財などを紹介する。 平成12年度
動物と祈り 鹿や鳥、亀など、人々は動物に様々な思いを託してきた。動物と人間とのかかわりの歴史を考える。 平成12年度
東大寺の創建 東大寺創建にいたる歴史や、大仏の鋳造などについて、最近の発掘成果も交えながら紹介する。 平成12年度
伊勢本街道 奈良盆地から、室生、曽爾、御杖を抜けて伊勢へといたる伊勢本街道沿いの文化財を訪ねる。 平成11年度
絵馬と願い 県内の寺社や博物館に残る絵馬を紹介し、その絵に込められた思いや意味を探る。 平成11年度
ならまち 世界文化遺産に指定された元興寺をはじめ、その周辺の奈良町の文化財や民俗を紹介する。 平成11年度
初春の祈り~オコナイ~ 野迫川村・東吉野村・都祁村に伝えられるオコナイを紹介し、それぞれの特色を探る。 平成11年度
大和の古墳文化 前期から終末期に至る古墳について、副葬品の変遷をたどりながら、古墳文化の全体像を考える。 平成11年度
上つ道 近世には上街道と呼ばれ、奈良盆地の東部山麓を南北に結んだ上つ道に沿った文化財を訪ねる。 平成10年度
西ノ京 唐招提寺と薬師寺の建築物や仏像等の文化財・行事を中心にして、西ノ京周辺の歴史や生活を探る。 平成10年度
中世の寺院建築 県内に残る鎌倉~室町時代の寺院を訪ね、建築様式の変化や歴史について探る。 平成10年度
長谷寺周辺の祭礼と宮座 桜井市を中心とした、各村落に伝わる宮座行事を紹介し、その伝統と歴史について考える。 平成10年度
前期古墳 県内の前期古墳の発掘調査資料に基づいて、前期古墳文化の特色を探る。 平成10年度
藤原宮と京 古代の政治・文化の中心として造営された都城である藤原京の姿を発掘資料等によって復元する。 平成9年度
東熊野街道 吉野と三重県の熊野地方を結ぶ主要街道である東熊野街道に沿って史跡や文化財等を訪ねる。 平成9年度
奈良県の民家~農家~ 奈良盆地や宇陀、吉野、十津川等、県内各地の農家建築について、それぞれの特色を探る。 平成9年度
柳生地方 柳生地方に残る寺社や仏像、宮座行事、近世の柳生藩関係史料等を訪ね地域の歴史を探る。 平成9年度
梵鐘 県内に残る古代から近世にわたる梵鐘を探り、形態の変化などをたどり、その歴史を明らかにする。 平成9年度
飛鳥地方の古墳 飛鳥に所在する終末期古墳を中心に古墳の構造や副葬品などを紹介する。 平成8年度
中つ道 古代の幹線道路の一つであった中つ道の歴史的な役割と、沿道の寺社や文化財を紹介する。 平成8年度
神仏習合 神祇信仰と仏教が混淆したわが国独自の習合文化について、現在に残る文化財等によって紹介する。 平成8年度
大和の民話~聖徳太子伝説~ 聖徳太子に関する伝説成立の背景と、伝説に基づく絵画や彫刻等について紹介する。 平成8年度
鬼の文化 わが国の信仰や生活の中に生き続ける鬼について、歴史的・文化的意義を考察する。全国自作視聴覚教材コンクール文部科学大臣賞受賞作品 平成8年度
都祁山の道 古くから伊勢参宮の道として利用された都祁山の道に沿う史跡を訪ねる。 平成7年度
遣唐使と大和の古代文化 隋・唐を中心とした中国の文化と、わが国の古代文化との交流について考察する。 平成7年度
凝灰岩と古代の大和 古墳の石棺や古代寺院の建築に利用された凝灰岩と古代文化の関連について考える。 平成7年度
大和の民話~弘法伝説~ 奈良県の各地に伝わる弘法伝説について、切り絵と伝承地の風景によって紹介する。 平成7年度
吉野山の修験 吉野山の信仰の歴史と修験道について探るとともに、吉野町内の霊地について紹介する。 平成7年度
安堵あたり 安堵地方の歴史や文化財、伝統的な行事や産業などを紹介する。 平成7年度
小石の民俗 吉野川などの小石を持ち帰り、宮座の行事を行う等、小石にかかわる信仰や習俗を紹介する。 平成7年度
大和の織物 近世から近代にかけて興隆した大和絣や奈良晒などについて、その歴史と織物技術等を探る。 平成7年度
春日の社 春日大社の式年造替の様子や春日祭等の祭祀にかかわる建築物について紹介する。 平成7年度
飛鳥の宮と寺 飛鳥地方に残る古代の宮跡や寺院跡について発掘成果を中心にその歴史を考える。 平成6年度
再現・弥生の楼閣 唐古・鍵遺跡出土の絵画土器片に基づく楼閣風建物の復元について紹介する。 平成6年度
高見越え伊勢街道 吉野川に沿い、高見峠を越えて伊勢に向かう高見越え伊勢街道沿いの文化財を探る。 平成6年度
大和の民話~大和のキツネ~ 奈良盆地に伝わるキツネに関する民話を切り絵と伝承地の風景をおりまぜて描く。 平成6年度
大峯山~洞川から山上へ~ 洞川から山上ケ岳までの山上詣の修行の様子を紹介し、大峯山の修験道の歴史を探る。 平成6年度
箸尾あたり 旧箸尾町に当たる地域を中心に、地域の文化財や行事等を取り上げる。 平成6年度
大和の廃仏毀釈 明治初期に吹き荒れた廃仏毀釈運動と文化財保護の在り方を考える。 平成6年度
「東山中」の田楽 大和高原北部の村々の秋祭りに伝えられる神事芸能の田楽を紹介する。 平成6年度
灯篭 石灯籠や釣灯籠などの歴史的変遷をたどり、灯籠のもつ意義を考察する。 平成6年度
十三峠越え 十三峠越えの街道筋に残る文化財を取り上げ、地域の歴史と人々の暮らしを訪ねる。 平成5年度
古代の吉野川沿いの文化財 吉野川に沿った遺跡等を紹介し、原始・古代の時代の文化交流を探る。 平成5年度
道長の金峯山詣 藤原道長の金峯山詣について、日記に基づいた行程をたどり、その歴史的背景を探る。 平成5年度
池とかんがい 奈良盆地のため池の歴史や、水利慣行をとおして結びつく人々の暮らしを紹介する。 平成5年度
二上山あたり 二上山から産出する岩石とその利用の歴史や周辺の文化財を訪ねる。 平成5年度
子どもと伝統行事 子どもに関わる伝統的な行事を紹介し、子どもの成長に対する人々の願いを考える。 平成5年度
長屋王邸のくらし 長屋王邸の発掘によって出土した遺構や遺物に基づいて、奈良時代のくらしを考える。 平成5年度
境をまつる 人々の生活圏における「境界」での祀りの事例をとおして、サカイの意義を考える。 平成5年度
古代の瓦 古代瓦の文様の変遷等をとおして、古代寺院の仏教芸術の意匠を考える。 平成4年度
刀剣 寺社等に伝わる作品から刀剣の形態的な変遷を考察し、現在の制作工房も訪ねる。 平成4年度
明治の洋風建築 欧米の近代文明の影響のもとに建築された、明治~昭和初期の洋風建築を紹介する。 平成4年度
観音の微笑み~十九夜信仰~ 大和高原北部の村々に息づく十九夜講という女性だけの講の信仰と営みを訪ねる。 平成4年度
古代の輝き~新沢126号墳の遺宝と源流~ 新沢126号墳の出土遺物を紹介し、5世紀を中心とした大陸との文化交流を考える。 平成4年度
請堤のある村 請堤という堤防をとおして、水害とたたかってきた奈良盆地の祖先の歴史を訪ねる。 平成4年度
清澄の里~帯解寺から正暦寺へ~ 奈良市南郊「清澄の里」と呼ばれる地域にある帯解寺や正暦寺などを訪ねる。 平成4年度
音を訪ねて 伝統文化に由来する音が、現代人の生活の中でどのように生きているのかを探る。 平成4年度
はにわの動物たち 動物埴輪を紹介しながら、その意味を探る。 平成3年度
水分神社 奈良県内の水分神社の歴史的意味や縁起、さらに人々とのつながり等を探る。 平成3年度
黒滝の里 黒滝村に残る修験道ゆかりの寺院等の史跡や、地域に生活する人々の風土を紹介する。 平成3年度
今井の町並み 歴史的町並みが保存されている今井町を紹介し、その歴史等を探る。 平成3年度
富雄から高山の里へ 奈良県の北西部を流れる富雄川の中・上流域の文化財や人々の生活を訪ねる。 平成3年度
大和の民話~中将姫伝説~ 中将姫伝説に関連して残された文化財等に基づいて、伝説の歴史的背景を考える。 平成3年度
おんまつり~祭りを支える人々~ おん祭りの準備や伝統芸能の継承などの面で伝統を支える人々の姿を描く。 平成3年度
山の神まつり 山の神信仰の行事の事例を探り、山の神信仰と人々の生活の結びつきを描く。 平成3年度
下つ道 下つ道をたどり、歴史的、文化的にこの道が果たした役割を考える。 平成2年度
風の森峠~御所から五條へ~ 風の森峠を境とする御所、五條の文化遺産と歴史的風土を探る。 平成2年度
生駒山麓の寺々 生駒山麓の社寺の文化財や、その地域の人々の信仰を紹介する。 平成2年度
和爾の里 和爾、櫟本周辺に残された文化遺産を探る。 平成2年度
能登川沿いの寺院~新薬師寺から大安寺へ~ 能登川沿いの寺院を訪ね、その文化遺産と歴史的役割を探る。 平成2年度
神を祀る家~頭家~ 川西町糸井神社の秋祭りをとおして、「頭屋」を紹介する。全国自作視聴覚教材コンクール文部科学大臣賞受賞作品 平成2年度
路傍の石仏 路傍に祀られている石仏の魅力と庶民信仰を探る。 平成2年度
大和の民話~一本たたらの話~ 伯母峰の妖怪伝説を紹介し、自然と人間との調和を考える。 平成2年度
ちゃんちゃん祭り 大和神社の祭りの特色と人々の暮らしの関わりを探る。 平成1年度
横大路 横大路が果たしてきた歴史的、文化的な役割を探る。 平成1年度
大和と本居宣長~菅笠日記~ 「菅笠日記」を中心に本居宣長がたどった行程を巡る。 平成1年度
川西と三宅 川西町と三宅町の文化遺産を紹介し、人々の暮らしを探る。 平成1年度
三輪と巻向 古代大和における三輪と巻向について考える。 平成1年度
大和の民話~身代り地蔵~ 室生寺大野寺に関する民話と人々の暮らしとのかかわりを探る。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 平成1年度
古墳のまつり 橿原市四条遺跡から出土した木製品や埴輪を紹介し、古代人の葬送儀礼を探る。 昭和63年度
馬見古墳群と広瀬野 馬見丘陵の古墳と出土品、広瀬野の社寺に伝えられている文化遺産を紹介する。 昭和63年度
大和の民話~竜から水をもらった話~ 大和を舞台とした竜神信仰を取り上げ、そこにこめられた民衆の心を探る。 昭和63年度
多武峯信仰と飛鳥の宮座 飛鳥地方に残る藤原講を訪ね、多武峰信仰との関わりを学ぶ。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 昭和63年度
大和路の芭蕉の句碑 県内の芭蕉の主な句碑を紹介し、芭蕉の俳諧の精神を知る。 昭和63年度
塔の美 大和に数多くある塔の中から代表的なものを選び、風土に調和する美しさを追う。 昭和62年度
滝坂のみち 奈良から柳生へと通じる滝坂の道を訪ね、自然景観と点在する石仏を紹介する。 昭和62年度
古今集の大和 古今集の歌拠となっている大和の名所を訪ね、郷土に対する理解を深める。 昭和62年度
宿院仏師 室町時代後期に南都一円で活躍していた宿院仏師たちの足跡を訪ねる。 昭和62年度
稲作とまつり 稲作りを中心とした四季折々の祭りを中心に、人々の暮らしとの関わりを考える。 昭和62年度
天平の譜~琵琶の来た道~ 日本に残存する世界唯一の琵琶を中心に、それらが伝えられた道筋を追求していく。 昭和62年度
邪鬼 四天王寺の足もとに踏まれる邪鬼の表情と身のこなしを探る。 昭和61年度
大和のいもの 大和の鋳物の歴史と消えた鋳物師たちの足跡をたどる。 昭和61年度
大和の峠みち~多武峯から吉野へ~ 細峠と竜在峠越えの道に残る暮らしと文化を紹介する。 昭和61年度
おかげまいり 伊勢詣と伊勢街道沿いに残る文化と絵馬を中心におかげまいりについて紹介する。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 昭和61年度
大和の石棺 石棺の種類、形態、材質、変遷を探り、政治と文化を考える。 昭和61年度
旅に出た仏たち 県外に流出した仏たちを信濃まで訪ねる。 昭和61年度
高原の仏たち 高原の里山添地方の石仏と文化財を訪ねる。 昭和60年度
元興寺 最古の寺、飛鳥寺を起源とする寺の歴史と民衆とのかかわりを探る。 昭和60年度
大和郡山 郡山の歴史と地域の文化財を紹介する。 昭和60年度
もうひとつの能 能の原点といわれる翁舞と人々の暮らしを探る。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 昭和60年度
山の辺のみち 最古の道、山辺の道を桜井市金屋から天理市石上神宮までを探訪する。 昭和60年度
役の行者と修験道 役小角の伝承と修験道を探る。 昭和60年度
宇陀の山寺 仏教文化の盛衰に思いをはせながら、宇陀地方に残る寺院や仏像を訪ねる。 昭和59年度
濠のある村 大和盆地に分布する環濠集落の跡を訪ね、その起源や機能構造を探る。 昭和59年度
巨勢路 紀伊路、伊勢路として古代から中世に機能したこの路をたどり、道筋に文化遺産を探る。 昭和59年度
くらしと祈りの道~野迫川から十津川へ~ 高野熊野街道に含まれる野迫川村、十津川村の歴史や民俗を紹介する。 昭和59年度
石は語る~石工伊行末のあしあと~ 鎌倉時代、大仏殿再建に力を尽くした宋人石工たちの優れた技術の作品を探る。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 昭和59年度
上之郷 桜井市上之郷に、山里の暮らしの中に息づく信仰を探る。 昭和58年度
南葛城 金剛葛城の東山麓の風土と文化財をとおして、この地域の歴史とくらしを考える。 昭和58年度
忍辱山円成寺 柳生街道に沿う円成寺の文化財をとおして、密教、浄土教美術の展開の跡をたどる。 昭和58年度
獅子神楽 大和に今も伝わる身近な民俗芸能としての獅子神楽に焦点をあてる。 昭和58年度
石器時代の大和 県内に点在する旧石器から縄文時代の遺跡や遺物を紹介し、人々のくらしを考える。 昭和58年度
あすかのせん仏 川原寺裏山遺跡出土のせん仏や塑像の意匠や用途などを探る。 昭和57年度
奈良の一刀彫り 奈良人形のあゆみを訪ね、見どころや魅力を確かめる。 昭和57年度
玉置山と十津川 十津川の風物、史跡、建築、美術などを紹介する。 昭和57年度
夏の祈り~虫送りと風祈とう~ 大和高原や東吉野に虫送り行事や風祈とうの踊り念仏を訪ねる。 昭和57年度
神楽 神楽のあゆみや構成、演奏、種類、装束、楽器などを探る。 昭和57年度
高原の秋祭り 奈良市東部や室生村での秋祭りの芸能の特色を見る。 昭和57年度
中ノ川から狭川へ 奈良と笠置を結ぶ街道に、風物、石仏、民俗などを探る。 昭和57年度
葛城高田 交通、経済の要地大和高田の旧跡、寺院等を探る。 昭和57年度
玉はよみがえる 古代の装身具の移り変わりや制作の仕方などを確かめる。 昭和57年度
吉野川上の仏像 吉野川源流地方の風土とともに、平安時代の仏像を見る。 昭和57年度
高取 越智岡丘陵南麓の後期古墳、貝吹山城、高取城や寺院等を探る。 昭和56年度
奈良のまちなか 元興寺のあたりに、風物、社寺と美術、町中年代記等を探訪する。 昭和56年度
五條 万葉集に詠まれた阿太野、宇智野の歴史的風土を訪ねる。 昭和56年度
平城京 平城京、平城宮のようす、木簡や生活用具などの出土品から、暮らしや文化を探る。 昭和56年度
橿原 橿原遺跡、新沢千塚などの出土品と特色、橿原の寺院やほうらんや火祭りを訪ねる。 昭和56年度
東宇陀 曽爾、御杖地方の風土や天然記念物、民俗文化財を探訪する。 昭和56年度
遺跡のなぞ~弥生時代のくらし~ 弥生時代の遺跡や出土品、復元品をとおして当時の暮らしを探る。 昭和56年度
いのこのあばれ祭り 桜井市高田の子どもたちを主役とした農耕にかかわる民俗行事を探訪する。 昭和56年度
天理の平安彫刻 天理市内の平安時代の仏像から造像技法、時代的特色を確かめる。 昭和56年度
おんだ祭り 農作予祝、子孫繁栄を願うおんだ(お田植え)祭りの特色を知る。 昭和56年度
高原の里山添 大川遺跡や毛原廃寺跡と出土物、神野山と自然、仏像の見どころを紹介する。 昭和55年度
吉野山 吉野山の多彩な旧跡、社寺の建築、美術、民俗を探訪する。 昭和55年度
室生 室生寺、大野寺、海神社、三本松の地蔵像や連歌懐紙などを紹介する。 昭和55年度
大塔の夏 天辻の天誅踊り、阪本の政吉踊りなどを風物とともに描く。 昭和55年度
藤原京 かつての藤原京の規模や遺構、多彩な出土品の特色を紹介する。 昭和55年度
大和の城 古代、中世、近世の築城の特色をわかりやすく解説する。 昭和55年度
西大寺の舎利塔 鎌倉時代の舎利容器の諸形式と工芸の美を紹介する。 昭和55年度
野迫川の初春 神仏混合の風を伝える民俗行事「オコナイ」の見どころを紹介する。 昭和55年度
田原本 唐古・鍵の弥生遺跡や社寺の美術、石造物のみどころを紹介する。 昭和54年度
阿騎野と菟田野 古代寺院や旧薬園などの大宇陀、菟田野の史跡、社寺、風物を探訪する。 昭和54年度
西吉野 西吉野の旧跡、古民家、仏像、夏祭りのすすき献灯などを紹介する。 昭和54年度
高見山と東吉野 高見越え伊勢街道が通る東吉野の古美術、記念物、民俗を紹介する。 昭和54年度
多武峯と音羽山 談山神社、観音寺の建築、美術と特色、神仏分離の影響などを探る。 昭和54年度
春日野と春日奥山 春日野、春日山の自然、古代遺跡、春日大社の文化遺産と舞楽を探訪する。 昭和54年度
古代の火葬墓 太安萬呂の墓誌発見、火葬墓、骨臓器の諸例と特色を紹介する。 昭和54年度
春の祈り カンジョウカケ、ランジョウ、弓ウチ、お綱祭りを紹介する。 昭和54年度
月ケ瀬 名勝の梅林、烏梅、奈良晒の製法、暮らしに根ざした遺産の特色を紹介する。 昭和54年度
葛城.新庄 新庄の特色ある古代の遺跡やその後の歩みを語る。 昭和53年度
榛原 榛原の史跡、社寺、文化財などを探訪する。 昭和53年度
平城伏見の里 西大寺、秋篠寺などの建築、美術、鎌倉朝復興を語る文化遺産の特色を紹介する。 昭和53年度
大峰高野みち 天川の旧跡や文化遺産、伝承芸能を紹介する。 昭和53年度
古墳と埴輪 埴輪の始まりや発展、造形、転用の例などと復元作業を紹介する。 昭和53年度
快慶と仏たち 鎌倉時代の仏師快慶の遺作をとおし、造像の特色や美を探る。 昭和53年度
大和の鎌倉建築 伝統的な和様、大陸から伝わった大仏様、禅宗様それぞれの建築の構造を紹介する。 昭和53年度
大台ケ原と北山 大台ヶ原の開山のあゆみを紹介し、吉野北山の文化遺産、民俗行事、民謡を探訪する。 昭和53年度
下市の里 下市の古墳・社寺の美術を紹介し、太古踊りや木材工芸品なども探訪する。 昭和52年度
柳本から布留へ 柳本から布留地方の遺跡、社寺の建築、美術、古絵図などの風物を紹介する。 昭和52年度
大和の夏祭り ゆり祭り、れんげ祭り、祇園祭り、おんぱら祭り、愛宕祭りの特色を紹介する。 昭和52年度
面と人 民俗行事や伎楽、舞楽、能楽に用いられる面の働きや美を探る。 昭和52年度
斑鳩の里 三塔の並びたつ斑鳩の古寺の建築、美術と風物を紹介する。 昭和52年度
西ノ京の寺 西ノ京の寺院の、主に白鳳・天平時代の建築、美術と造形感覚を探る。 昭和52年度
よみがえる遺跡 唐古・鍵遺跡やマルコ山、高松塚古墳など各地の発掘調査の意義を紹介する。 昭和52年度
白毫寺から菩提山へ 高円山麓から菩提山にかけての遺跡や寺院、風物を探訪する。 昭和51年度
片岡と穴虫峠 王寺から香芝地方の遺跡・古墳・社寺の美術、記念物を探訪する。 昭和51年度
大和の民家 農山村や市街地の民家の構造や機能を紹介する。 昭和51年度
火と水のまつり ほうらんや火祭り、お水取り行法などを紹介し、その特色を探る。 昭和51年度
柳生の山あい 柳生街道や柳生の里の石仏、史跡などの遺産と風物を探訪する。 昭和50年度
矢田と松尾山 矢田丘陵の自然風土と社寺・石造美術を探訪する。 昭和50年度
佐保路 東大寺転害門から法華寺へ、佐保路に点在する寺院の建築や美術の特色を紹介する。 昭和50年度
平群の里 平群・三郷地方の古墳・社寺の美術・石仏と見どころを紹介する。 昭和50年度
あすかの古墳 石舞台・高松塚・中尾山古墳などの構造や副葬品を紹介する。 昭和50年度
大和の絵巻物 寝覚物語絵巻・信貴山縁起など、絵巻物の場面展開のおもしろさを紹介する。 昭和50年度
田楽と風流 大和高原や春日若宮おんまつりの田楽、祭礼の特色を探る。 昭和50年度
絵馬 絵馬の由来、祈りや願い、表現の今昔を探る。 昭和50年度
大和の名所記 江戸時代に著された地誌・名所記から往時の旅の様子を探る。 昭和50年度
なら教育番組 動画
   
<お知らせ>
・教育研究所では奈良県内の学校での利用や奈良県内のグループの研修のための複製を行っています。
依頼書のダウンロード(PDF)
・希望される方は、依頼書をダウンロードしていただき、奈良県立教育研究所 研究開発部ICT教育係あて
 ご提出ください。
「なら教育番組 動画」トップ
・動画をご覧いただくには、プレーヤー(Adobe Flash Player / Windows Media Player)が必要です。
 下のロゴをクリックするとダウンロードページが開きます。
 
  
奈良県立教育研究所