奈良県立教育研究所
学校教育 笑顔いっぱい 中学生時代 創造する世代
大和路 歴史の旅 大和路の文化財 大和の風景 たのしい奈良の歴史
夢を求めて 明日への対話 学校へようこそ レッツエコライフ
いきいき家族 ふるさとの自然を訪ねて フォーカスオンなら
       
明日への対話
人々のくらしの中から今日的な課題を取り上げ、明日への住みよい地域社会づくりに役立つ情報を紹介します。
男女共同参画社会の
実現を目指して
(平成20年制作19分)
男女が互いに人権を尊重し、性別に関わりなく、その個性と能力を十分に発揮できる男女共同参画社会を実現するために今何が大切なのかを考える。
地球を守ろう!
~奈良における温暖化対策~
(平成20年制作19分)
地球環境問題を中心テーマとした北海道洞爺湖サミットが平成20年7月に開かれ、県内でも地球温暖化防止に向けて様々な取り組みがなされてた。それらを紹介しながら、環境問題について考える。
奈良が誇るものづくり
~靴下の町 広陵町~
(平成20年制作19分)
奈良県内には地場産業をはじめ、ものづくりにおいて優れた技術が培われている。地域に伝わる産業、優れた技術を紹介する。
今、家庭教育で
大切にしたいこと
(平成19年制作19分)
奈良県の家庭教育の現状と課題を明らかにし、その解決に向けた取組を県民に紹介しながら、家庭教育で大切にすべきポイントについて考える機会を提供する。
奈良の食文化の発展を
目指して
(平成19年制作19分)
奈良県の特産物を使った料理が人気をよんだり、郷土料理が見直されたりしている中、奈良の食文化について考える。また、現在、学校で進められている食育についても紹介する。
若者からの発信
(平成19年制作19分)
県内には演劇や人形劇などに意欲的に取り組んでいる若者のグループがある。若者がエネルギッシュに一つのことに打ち込む姿と創作活動のすばらしさを伝える。
十津川村の人々の
教育にかける思い
(平成18年制作19分)
十津川文武館創立以来、140年を超える歴史をもつ県立十津川高等学校を中心に、十津川村の人々の教育にかける思いとその歴史を探る。
大好き!私の住むまち
(平成18年制作19分)
自分たちの住むまちのすばらしさを見直し、様々な取組を進めている人々を紹介しながら、地域活性化について考える。
奈良に伝わる伝統工芸
(平成17年制作19分)
伝統工芸品として、国の指定を受けている「高山茶筅」と「奈良筆」。伝統を守り、これらの製作に打ち込む人々を紹介する。
奈良県における
先端科学技術開発
(平成17年制作19分)
県内において様々な分野にわたって技術開発が進められている。そのなかから、私たちのくらしとかかわりのある先端科学技術開発の取組を紹介する。
防災について考える
(平成17年制作19分)
今後30年以内に東南海・南海地震の発生する確率が50~60%といわれているなか、県内で取り組まれている防災活動を紹介し、各家庭や地域における地震対策について考える。
 
音楽で生きる喜びを ~奈良で活躍する音楽家たち~

音楽で生きる喜びを ~奈良で活躍する音楽家たち~ 平成20年度制作 19分

子育て真っ最中の主婦たちによる吹奏楽団や仕事と演奏活動を両立する若者たちが、音楽を通して人々に感動を伝える様子を紹介する。
 
共生社会の実現に向けて ~心のバリアフリー~

共生社会の実現に向けて ~心のバリアフリー~ 平成19年度制作 19分

障害のあるなしにかかわらず、皆が生き生きと生活し、活動できる社会の在り方について考える。
 
踏み出そう!まず一歩を ~私の再チャレンジ~

踏み出そう!まず一歩を ~私の再チャレンジ~ 平成19年度制作 19分

子育てや介護、定年をはじめ、様々な事情で就業を中断したり退職したりした後、再び就労している方を紹介し、だれもが再チャレンジできる社会について考える。
 
高齢者が安心して暮らせる社会を目指して

高齢者が安心して暮らせる社会を目指して 平成18年度制作 19分

高齢社会が現実となった今、高齢者の人権が尊重され、豊かに生きることのできる社会の実現について考える。
 
子どもが安心して暮らせる社会づくり

子どもが安心して暮らせる社会づくり 平成18年度制作 19分

学校、家庭、地域が連携して、子どもの安全確保に努める取組を紹介し、安心して暮らせる社会づくりについて考える。
 
多文化共生社会の実現に向けて

多文化共生社会の実現に向けて 平成17年度制作 19分

国際化が急速に進むなか、県内で暮らす外国人も増えている。様々な国の文化や歴史などを理解し、すべての人々の人権が保障される共生社会の実現について考える。
 
地球を守れ!奈良県における資源再利用

地球を守れ!奈良県における資源再利用 平成17年度制作 19分

京都議定書が発効し環境についての関心が高まるなか、県内における環境保全に向けた取組を紹介し、環境問題について考える。
 
部落史を学ぶ -大和同志会の活動から-

部落史を学ぶ -大和同志会の活動から- 平成17年度制作 19分

近年の被差別部落の歴史に関する研究には、著しい深まりが見られる。県立同和問題関係史料センター等における研究成果から、大和同志会の部落差別撤廃の活動について考える。


番組名 内    容 制作年度
情報化社会の落とし穴 様々な情報機器が発達するのにともない、携帯電話等を悪用した犯罪が急増している。これらの実態を紹介し、被害に遭わないための方策を探る。 平成16年度
村民の健康を守る-へき地医療に携わる人々- 医療施設の少ないへき地では、村の診療所の役割が重要となっている。へき地医療に携わり、村民の健康を守るために、日夜活躍する人々の様子を紹介する。 平成16年度
子どもへの虐待について考える 子どもに対する虐待は年々増加し、大きな社会問題となっている。虐待の実態に迫り、その要因を探るとともに、虐待防止のための取組を紹介する。 平成16年度
防災について考える
   
今後30年以内に東南海・南海地震の発生する確率が50~60%といわれているなか、県内で取り組まれている防災活動を紹介し、各家庭や地域における地震対策について考える。 平成16年度
夢と誇りをもって生きる
-キャリア教育について考える-
職業観や仕事観にかかわる教育の大切さが見直されている今日、学校における取組を紹介しながら、キャリア教育について考える。 平成16年度
ドメスティック・バイオレンスを考える 相談件数や関連事件が増加しているドメスティック・バイオレンスの実態や支援体制を紹介し、解決への方策をさぐる。 平成15年度
地域の駐在さん 駐在所に勤務する警察官の仕事を紹介し、その役割や地域とのかかわりなどについて考える。 平成15年度
伝統文化を支える人々
  
860余年、綿々と伝えられてきた春日若宮おん祭りを紹介し、伝統文化を支える人々の思いなどを伝える。 平成15年度
身体障害者のパートナー・補助犬 補助犬とともに身体障害者が積極的に社会参加する様子などを紹介し、障害者への理解と参加を呼びかける。 平成15年度
戦争体験を語る 戦争体験が風化しつつある中、県内に住む戦争体験者を訪ね、体験談や平和への思いなどを綴る。 平成15年度
あなたへのメッセージ 障害者の自立を支援している「たんぽぽの家」の活動を紹介し、共に生きる喜びについて考える。 平成14年度
見直してみませんか、あなたの健康 食生活、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが原因で生活習慣病にかかる人が増えている。喫煙を中心に取り上げ、生活習慣病の予防法や健康について考える。 平成14年度
生涯現役-夢大きく- 高齢化社会が進む中、高齢者が自己の生きがいを見付け、活躍している様子を紹介する。 平成14年度
子どもたちに夢を-本は心はぐくむ贈り物- 本県出身の児童文学作家、川村たかしさんとその教えを受けた人達の活動を紹介し、絵本や児童文学の魅力に迫る。 平成14年度
男女共同参画社会の実現に向けて 固定的な男女の役割分担意識を改め、男女が互いに協力し、充実した人生を送る社会の実現について考える。 平成14年度
笑いと元気 届けます     ボランティアで福祉施設などを訪問し、出前寄席やダンスを行っているグループを紹介する。 平成13年度
地域で育てる 近年、地域の人々を学校の授業に迎えるケースが増えている。地域と学校が一つになって子どもたちを育てている取組を紹介する。 平成13年度
車椅子からのVサイン シドニーパラリンピック男子車椅子バスケットボールのキャプテンを務めた根木慎志氏の活躍と夢の実現に向けて努力を重ねてきた姿を紹介する。 平成13年度
伝統の明かりを支える~灯芯~ 和ローソクや灯明の芯となる灯芯、伝統産業の灯芯ひきを伝えている人々を紹介する。 平成13年度
高度情報化社会を生きる~プライバシーと人権~ ますます高度化する情報化社会の中で、個人情報の保護やインターネット上で起こっている人権侵害について考える。 平成13年度
心ひとつに~和太鼓の魅力~ 和太鼓の魅力に惹かれた人たちが、その素晴らしさを多くの人々に伝えようとする活動を紹介する。 平成13年度
あの活気をもう一度 地域のふるさとづくりを探訪し、村・町おこしの課題や展望を探り、人々の情熱等を紹介する。 平成12年度
新しい奈良がみえる 地域密着FM局が全国に続々と誕生している。奈良に誕生した2つのFM局を紹介する。 平成12年度
夢の世界へ導く人々 夜空を飾る花火。伝統を守るとともに、仕掛けに最新技術を取り入れる花火師の情熱を伝える。 平成12年度
奈良で学ぶ留学生 国は今世紀初頭に十万人の留学生受け入れを目指している。県での取組状況について考える。 平成12年度
限りなき可能性を求めて 企業で働く障害者や雇用主を取り上げ、共に働くことの意義や課題などを探る。 平成12年度
未来へ伝える匠の技~宮大工の道~   宮大工の仕事を今までとは違う形で成立させている人々の取組を紹介する。全国自作視聴覚教材コンクール文部科学大臣賞受賞作品 平成12年度
奈良晒を守る 奈良市と月ヶ瀬村に残る奈良晒の紡織技術を守る人々の取組を紹介する。 平成12年度
世界遺産を紹介して 世界遺産に登録された古都奈良を舞台に、観光客を案内している観光ボランティアの活躍を紹介する。 平成11年度
巨樹と人々の生活 伊勢街道には多くの巨樹が生き続けている。巨樹が見守ってきた人々の人間模様を綴る。 平成11年度
高齢ドライバーと交通安全 高齢ドライバーによる交通事故が増加している実態にスポットをあて、高齢者と交通安全について考える。 平成11年度
ロボットにかける青春 ロボット製作に情熱を傾け、ロボットに青春をかけている高校生。精密なロボットを完成するまでの姿を追う。 平成11年度
華麗に加齢を 高齢者の生きがいを求めて楽しく生きる姿が、地域や世代間交流の架け橋になる様子を描く。 平成11年度
伝統の技と美 墨の形や模様を美しくつくる墨型彫刻師にスポットをあて、伝統の技と美を紹介する。 平成11年度
お酒に魅せられた人々 お酒の味に魅せられ、修行して蔵人になったイギリス人の活動をとおして、異文化理解について考える。 平成11年度
ミュージックセラピー 奈良市の音楽療法士の活躍を紹介しながら、音楽と心身の癒しについて考える。 平成10年度
できるよろこび~障害者とスポーツ~ スポーツに汗を流す障害者にスポットをあて、だれもが共にスポーツを楽しめる社会の在り方について考える。 平成10年度
棚田がつなぐ 農業の後継者不足と伝統的景観を守る棚田オーナー制度の取組を紹介しながら、オーナーと地元住民との交流を描く。 平成10年度
まちの劇団 まちの劇団で活躍する団員と裏方で公演を支えるスタッフの活躍を紹介しながら、地域からの文化情報発信について考える。 平成10年度
忍び寄る薬物 薬物に伴う犯罪や、日常生活に忍び寄る薬物の実態を紹介し、その問題解決について考える。 平成9年度
奈良に伝わるわらべうた 奈良に伝わるわらべうたの魅力を探り、わらべうたをとおして地域の文化を見つめ直す。全国自作視聴覚教材コンクール優秀賞受賞作品 平成9年度
吉野の食~柿の葉ずしと栃餅~ 吉野地方に伝わる柿の葉ずしと栃餅の伝統的な味わいと作り方を紹介し、吉野の風土と食文化について考える。 平成9年度
土器が語る人々 遺跡の発掘調査や遺物の復元などに従事している作業員にスポットをあて、考古学を支えている人々の思いと活躍している姿を紹介する。 平成9年度
人権の世紀をめざして 人権感覚に満ちた社会をつくりあげるために、「参加型学習」を紹介し、私たちが克服すべき課題を考える。 平成9年度
魅力いっぱい学びの施設 多様な学習ニーズに応える魅力いっぱいの博物館や資料館を訪れ、生涯学習への案内をする。 平成9年度
ひろがる青年の輪 若者どうしのつながりが薄れつつある現代、たくましく活動を続ける若者の姿を描く。 平成8年度
私は樹のお医者さん 郷土の巨樹や古木の保護に活躍する樹木医にスポットをあて、自然を守ることの大切さについて考える。 平成8年度
大地を翔るなかまたち フロンティア・アドベンチャーに参加した子どもたちの野外活動の姿をとおして、体験活動やなかまづくりの大切さを考える。 平成8年度
歴史をさぐる(4)~人間に光あれ~ 水平社創立前後の動向と、水平社創立の意義、その後の発展について学び、同和問題解決への啓発資料とする。 平成8年度
男女はよきパートナー 幼稚園の男性教諭と女性の消防士の職場での活躍を紹介しながら、男女共同参画社会について考える。 平成8年度
同和教育の歩み 近代の学校教育の中で、部落問題がどのように位置づけられ、同和教育がどのように創造されてきたのかを学ぶ。 平成8年度
歴史をさぐる(3)~解放令からのあゆみ~ 明治時代を中心とした被差別部落の動向と部落解放運動の取組を学び、同和問題について正しい認識を培う。 平成7年度
草場に生きた人々~部落史の見直し~ 「かわた村」の人々が持っていた「草場権」と呼ばれた権益について明らかにし、同和問題について正しい理解を深める。 平成6年度
歴史をさぐる(2)~かわたと呼ばれた人々~ 江戸時代を中心とした「かわた村」の歴史的変遷過程を探り、同和問題解決への正しい認識を培う。 平成6年度
歴史をさぐる(1)~キヨメを担った人々~ ケガレ観念とキヨメの職能にかかわる歴史的経緯を明らかにし、同和問題について正しい認識を培う。 平成5年度
なら教育番組 動画
   
<お知らせ>
・教育研究所では奈良県内の学校での利用や奈良県内のグループの研修のための複製を行っています。
依頼書のダウンロード(PDF)
・希望される方は、依頼書をダウンロードしていただき、奈良県立教育研究所 研究開発部ICT教育係あて
 ご提出ください。
「なら教育番組 動画」トップ
・動画をご覧いただくには、プレーヤー(Adobe Flash Player / Windows Media Player)が必要です。
 下のロゴをクリックするとダウンロードページが開きます。
 
  
奈良県立教育研究所