継続して 調査する ことが大切
平成24年度幼児の運動能力調査に戻る

A 継続園の方が運動能力が高い。

取組意識が高まった。
@ 新規園が増加した。
見えてきたこと
平成24年度 奈良県幼児の運動能力等実態調査

奈良県の幼児の運動能力は、全国の標準より、やや低い。

調査結果

調査に参加した幼稚園・保育所は昨年度より、34園・所増加し、参加した幼児は
約900人増加した。
 
※ 新規園・・・平成24年度初めて運動能力調査を行った園
    継続園・・・平成23年度、24年度の2年連続で運動能力調査を行った園
    3年継続園・・・平成22年度、23年度、24年度の3年連続で運動能力調査を行った園

    

新規園・継続園・3年継続園を比較すると、継続年数が長いほど運動能力が高かった。

「跳の動作」は、平成23年度より下回る結果となった。

調査概要
昨年度より 改善された。