今日から使える「なら特別支援教育ガイド」」 学校 担任 子ども 特別支援教育コーディネーター 家庭 特別支援教育コーディネーター指導者 市町村教育委員会 参考にするなら 連携をするなら 専門性を高めるなら 校内研修をするなら 教育相談をするなら 校内支援体制をするなら コーディネーターをするなら
個別の教育支援計画

個別の教育支援計画とは
初めて個別の指導計画を作成するとき

個別の教育支援計画とは、教育の視点から、長期的な観点で、乳幼児期から卒業後までを通じて、福祉、医療、労働等の関係機関、関係部局の密接な連携協力の下に、一貫して的確な教育的支援を行う計画である。
個別の指導計画とは、個々の児童生徒の的確な実態把握に基づき、一人一人の実態に応じた指導内容・方法等を工夫した、継続的、発展的な指導が一貫して行われるようにするための計画である。
(平成16年度 特別支援教育コーディネーター養成講座 筑波大学教授・附属久里浜養護学校長 西川公司講義資料より)
 
★まずはじめに、学校で「個別の指導計画」を作成してみましょう。
 1作成にあたっての基本的な考え方
児童生徒の特徴が分かるものにする。
(どんな児童生徒でも「同じ文章表現」ではいけない)
校内支援委員会などの組織で作成する。
(担任一人で書かない)
授業と結びつく目標と手だてを考える。
(計画と実際の授業が別のものにならないようにする)
引き継ぎやすい形式にし、誰もが読んで分かるものにする。
(情報の共有化がしやすいように心がける)
 2個別の指導計画を作成してみよう
児童生徒の様子をみんなで話し合ってみる。
課題になるところを項目にし、目標にする。
抽象的な表現はさけ、具体的な目標立てにする。評価点を明確にしておく。
記入する項目や枚数はできるだけ少なくして、実態や目標の重なりを精選する。
指導の優先順位をつける。
保護者の希望や本人の意欲を加味する。
指導の期間、評価時期を決める。
達成度を話し合い、継続して指導する項目、目標を見直す項目を考える。
 3いままでの情報を整理する(様式を考える)
児童生徒の様子(生活面、行動面、教科学習、集団参加など)
課題になるところを項目にし、目標にする。
目標
評価

計画は実際に実践すると、どんどん変更点が出るものです。書き換えていきましょう。
いろいろな人の意見を集約しましょう。いろいろな角度から細かく児童生徒をみると、課題の設定がしやすくなります。

○○○さんの個別の指導計画 PDF(16K)
ちがった視点で個別の指導計画を作ろう!! PDF(204K)
個別の指導計画の例(表6) PDF(12K)

上記のPDFファイルをご覧になられる場合は、 アドビ システムズ社の「Adobe Reader(無償)」または、「Acrobat(有償)」が必要です。

△TOP
 


2005-2009 Nara Prefectural Institute for Educational Research. All rights reserved.
提供されているコンテンツの全部または一部を、その使用目的、形式、方法を問わず、複製または転載し、頒布し、他に送信することを禁じます。