総合的な学習の講演会

 平成22年6月30日(水)、総合的な学習の一環として2つの講演会を聞く機会に恵まれました。

 1つめは、奈良県警奈良署から講師をお招きして、「薬物乱用の現状と防止」に関する映画上映と講演が行われました。

 2つめは、国連で難民支援活動に携わる、本校卒業生の奥村礼子さんに「アフガニスタンでの地雷撤去プログラムとシエラレオネでの難民支援活動」に関わる講演をしていただきました。

 「薬物乱用の現状と防止」では、社会に潜む闇の部分とはいうものの、決して他人事ではなく、常に身近にその魔の手が迫っていることについて驚かされました。また、「地雷撤去と難民支援活動」では、国際貢献に尽力されている先輩の姿勢に生徒たちは感銘を受け、将来の生き方について考えるきっかけをいただきました。

 失業率60%を超えるシエラレオネで今も草の根の活動を続けておられる奥村さんは、講演の中で「自分を見つめ直して動くことを繰り返すうち、きっとやりたいことが見つかる。」と後輩に向けて語っておられたことが印象的でした。