野球応援

 第92回全国高等学校野球選手権大会奈良大会が7月10日から始まり、連日、熱戦が繰り広げられています。本校は2回戦から登場し、7月18日(日)第4試合に、法隆寺国際高校と対戦しました。

 佐藤薬品スタジアム(県立橿原球場)の3塁側スタンドは、応援の生徒、保護者、野球部OB、教職員及び本校(野球部)関係者で満員となりました。

 試合は1回表に奈良が2点先取しましたが、その裏に法隆寺国際が3点取って逆転したまま9回に入りました。ここまで一人で投げてきた3年の見邨康平君が土壇場でレフトスタンドにホームランを放ち同点に、起死回生のホームランに3塁側スタンドは歓喜に包まれました。

 試合は延長戦に突入です。11回裏、法隆寺国際はツーアウトからランナー1・2塁とし、センター前ヒットが出てサヨナラのランナーが生還しました。181球、16奪三振の見邨投手をはじめ、チーム一丸で戦った選手・部員たちの健闘をたたえ、スタンドからは惜しみない拍手が送られました。

 父母の会の方々、吹奏楽部員、生徒会役員、野球部関係者、先生方、そして、応援に駆けつけてくださったすべての皆さん、どうもありがとうございました。

 

奈     良

2 0 0

0 0 0

0 0 1

0 0   

 3

法隆寺国際

3 0 0

0 0 0

0 0 0

0 1X

 4