平成22年度 青丹祭

 青丹祭とは奈良高校の文化祭のことです。毎年9月の第1土曜・日曜に行われます。今年は9月4日(土)・5日(日)に実施されました。

 今年のテーマは「奈高華年生~青丹よし ならの奈高に咲く華の 丹秀ふがごとく 今盛りなり!!~」でした。奈高は今年、創立華(87)年めにあたります。このテーマには、一人一人が色とりどりに輝き奈高にひとつの大きな華を咲かせよう、という想いが込められています。

 青丹祭は学校行事の中で最も盛り上がるイベントです。野外ステージでは、1年生のクラス発表や3年の食品模擬店のCMパフォーマンスが、校舎内では2年生の工夫を凝らした展示や文化部の発表が、屋外では1年生による学校装飾や3年生の食品模擬店や各部活動のアトラクションが、体育館では音楽系部活動の演奏発表や有志バンドのライブが行われました。また、初日には育友会主催の書画・日用品類のバザーも行われました。

 今年は2日間で2400人余りの保護者・卒業生・地域住民の方々を来場者としてお迎えし、去年にもまして大盛況を極め、一緒に楽しんでいただくことができました。

 2日目夕刻には初めて花火によるフィナーレを行い、2日間の楽しかった時間を締めくくることができました。