平成23年度 新春百人一首かるた大会

 平成24年1月18日(水)、1年生による「新春百人一首かるた大会」が実施されました。

 日本の古典文学の中で広く親しまれてきた小倉百人一首かるたとかるた競技を通じて、日本文化の理解を深める目的で、毎年恒例になっている行事です。

 1年生には冬休み中の課題として百人一首の暗誦が課されています。「かるた大会」は冬休み中の学習の成果を試し、他クラスと数取りを競い合いクラスが一丸となって戦う、真冬の楽しい行事のひとつです。

 大会に先立って、本校「百人一首かるた部」の模範競技が披露されました。本校かるた部には全国大会へ進む実力をもつ生徒もおり、その手さばきに一同驚くばかりでした。

 読み手は、かるた部員や国語科担当の先生が担当し、ALTの先生からは英訳百人一首が詠まれました。

 寒い中でしたが、札をとった生徒から歓声が上がり、和気あいあいと進んだ行事でした。

 なお、大会結果は1位8組、2位6組、3位5組でした。