警報等発令時の対応について

気象警報等が発令されたときの生徒の対応

 

奈良市または自分が居住する市町村に気象警報・注意報が発令されたとき
  1. 警報(暴風・大雨・洪水等)が発令されている場合は、登校を見合わせる。気象庁のページはこちら
  2. 午前11時までに警報が解除された場合は、通学路の状況等に注意しながら直ちに登校する。
  3. 登校時に注意報が出ている場合は、事故のないよう十分注意して登校する。周囲の状況から判断し危険を感じたときは、学校にその旨を連絡し、登校を見合わせる。

  (奈良高等学校 TEL:0742-23-2855)

 

休日における進路関連行事の警報発令時における対応について
  1. 対象行事はクロワッサンス(土曜講座)、学校実施の校外模試、卒業生との交流会等とする。
  2. 午前6時30分現在、奈良市または自分の住んでいる市町村に警報(暴風・大雨・洪水等)が発令されている場合は、その日の行事は全て中止する。
  3. 午前11時までに警報が解除されても、登校を見合わせる。(平日の午前11時解除規定を適用しない。)
  4. 模試等で中止・延期が難しい場合には、前日までに協議し、「学校保護者連絡網365日いつでもネット」等により生徒に指示するものとする。※希望者受験の外部会場での試験は、予備校の判断となる。