文芸部

いらっしゃいませ。文芸部のページにようこそ。

成り立ち

 奈良高校文芸部は一時活動を停止していましたが、復活・再生から今年で10年目を迎えました。

 まだまだ歴史の浅いクラブですが、現在は2年生3人、1年生2人の計5人。

 引退した3年生も青丹祭発表の作品執筆に取りかかっています。

  

主な活動

部誌の発行 ~「創造」・「自鳴琴」から~

 部誌「創造」を各学期2回のペースで発行しており、現在102号です。

 写真にあるように手作りですが、短編小説・詩・短歌など、内容はなかなか充実しています。

 印刷と製本作業は全員で仲良く行っています。

 新刊号は各HRに配布します。バックナンバーは図書館で保存、いつでも閲覧できます。

 青丹祭では、読み切りの特別号「自鳴琴(オルゴール)」を無料で配布します。

 ここ数年、3年生部員が文化祭限定の作品集を発行しております。

  • 「自鳴琴(オルゴール)」(1・2年生作品集)
  • タイトル未定(3年生引退記念作品集)

 今年も上記の2冊を発行する予定です。

 

 興味をお持ちの方は青丹祭当日、文芸部の発表教室にぜひお出でください。

 

これからの目標

 地域や大学主催の文芸コンクールに応募し、4年前には高校生対象のコンクールで小説、短歌などに入選することが

 できました!

 これからも文芸部をよろしくお願いします。