教育相談講演会

 2012年6月5日(火)、本校のメンタルスーパーバイザーを務めてくださっている姜ドクターの講演がありました。 

 先生の本校での講演は今年で3年目になりますが、相変わらず姜ワールドに圧倒された1時間でした。

「君達はよく頑張っているけど、ときには少し肩の力を抜いていいんだよ。」

という言葉や健康の三つの秘訣、そして最後には動物保護の話まで内容は多岐に渡りました。

 事後アンケートとして寄せられた感想を見ますと、賛否両論はありましたが、入学以来ストレスに押され気味の1年生徒達の多くにとっては、姜ドクターのメッセージが心に強く届いたようでした。

 

生徒の感想文から抜粋

  • 進路についてまだ将来やりたいことが決まっていない。少し焦りを感じていた。姜先生の話の中で、「将来その道に進んでいる自分をイメージする」、「自分が幸せなことを考える」ということを聞いて、何となく前に進める気がした。焦らず、じっくり、ゆっくり考えていこうと思う。
  • 今まで悩んでいたことに集中して解決されていき、とても充実した。先生だけど生徒の立場に立った考え方をしてくれて、心に残りました。
  • 「がんばりすぎないでいい。」この言葉が印象に残っている。正直自分はあまり頑張っていない。今まではそれがだめで、自分でも嫌だと思っていたが、頑張らないくらいがちょうどいいと言ってくれて、とても気が楽になり、自信がもてた。・・・でもやっぱり少しは頑張れるようになりたい。
  • 「部活をしているから、成績は悪くてもいい」とかではなくて、部活しながらも成績をよくするためにはどうすればいいのか、ちゃんと答えてほしかった。
  • 人に認められることも大事だけど、自分が認めてあげることも大事だということがわかった。愛されたければ、愛そうと思う。
  • なんだか自分を励ましてくれているように感じ、安心した。先生のような人に出会えてよかった。