創立90周年記念 ロゴマーク・スローガン決定

 奈良高校の歴史は、大正13年2月13日、奈良県立奈良中学校の設置が認可されることにはじまり、今年で創立90周年の節目を迎えることができました。

 創立90周年に際し教職員・在校生はもちろんのこと、同窓会・育友会そして、90年の歴史を築いてこられたすべての方々と、創立90周年を祝福してまいります。

 そこで、創立90周年を祝うさまざまな行事を企画・立案していますが、それらの行事の皮切りとして、ロゴマークとスローガンを決定しました。

 両方とも生徒の応募作品から選ばれたもので、ロゴマークは3年の谷有香子さんがデザインしたものが選ばれ、スローガンは生徒会総務委員のメンバーで考案しました。

 ロゴマークの図柄は、90年の確たる伝統を持つ奈良高校の伝統を基盤に、伝統を引き継ぎながらも上へ上へと成長する奈高生がイメージされた、"90"をあしらったシンプルなものが選ばれました。

 スローガンは90年の歴史を胸に刻み、誇りある奈高生としての自覚を心に留めてほしい、また、校風を表す言葉「自主創造」から、創造力を持って自らの力で新たな道を切り開いてほしいという思いが込められています。 

 10月4日(金)に行われました、「創立90周年記念 SSP記念講演会」の後、90周年記念ロゴマークの最優秀作品・優秀作品の表彰が行われました。

 最優秀作品は3年 谷 有香子さん、優秀作品は2年 中村 真莉子さん、3年 仲里 佳祐さん、2年 佐々木 優花さん、2年 福田 良太さんが選ばれました。