平成25年度 SSP講演会(2)

第3回講演 「ピタゴラス数のはなし」 

大阪大学大学院 理学研究科 助教 小川 裕之 先生

 小川先生には、ピタゴラス数(三平方の定理を満たす整数の組のこと)を題材に、研究者の立場から、整数の不思議さや素数の不思議さについてご講演いただいた。

 ピタゴラス数の一般的な解説の後、定規とコンパスを用いて、作図を通して、ピタゴラス数ができる仕組みについて説明がなされた。

 このように実際に手を動かして、作業をとおして考えるというのは生徒にとっても新鮮で、熱心に取り組んでいた。

 先生のスタンスとしては、「~だからこうだ」という断定的な口調ではなく、「とにかくやってみようか・・・」、「どうやら・・・となっているらしい」、「不思議なもので・・・」などというように、生徒に疑問を投げかけるような雰囲気を意識しておられるようだった。生徒が、もっと学びたい、もっと知りたい、と感じるような講演であったように思う。

 

生徒の感想から

 新しい教育課程において、数学Ⅰで「整数問題」が扱われるようになった。

 数学をよく知る者にとっては、とても面白く興味深い分野であるが、初学者には、なかなかなじみにくい分野でもある。

 今回の講師である小川先生は整数論がご専門ということで、身近なテーマである「三平方の定理」を題材に、研究者の立場からご講演いただいた。

  • 「数学は論理的に考える能力を養う」ということにとても驚いた。数学は学んでも、あまり生活で使えるものがないと思っていたが、今日の講演で生活で数学自体を使うのではなく、それで養った思考力を使うのだとわかった。
  • スマートフォンなど数学がいろいろなところで使われていることを知り驚いた。
  • 想像していたような講演ではなく、数学のいろいろなことに触れさせてもらえて良い講演だったと思う。この機会にいろんなことに興味をもって勉強したい。
  • いろいろなことを試し、何か面白いことを見つければ、それがなぜそうなっているのか、ということを繰り返すのは面白そうだなと思った。今まで単なる三角形だったものが、いろいろなものに関係していることがわかり興味深かった。
  • 直角三角形の角度がちょうど合ったときや、最後の公式で数がぴったり合ったときは感動しました。普段、数学の定理や公式の使い方などを習うのに対して、今回の講演では数学の面白さや楽しさを教えてもらえた気がします。それに、まだまだ明らかになっていないことなどがたくさんあると思うと、数学を学ぶのが楽しくなりそうだと思いました。

 

 

  

第4回講演 「奈良から世界へ」 

奈良先端科学技術大学院大学 特任教授 Steven Nishida 先生

 Steven先生の家族、生まれ育ったアメリカでの学生生活、来日に至る経緯や現在の仕事の話などの自己紹介から和やかな雰囲気で講義が始まった。

 その後、「奈良から世界へ」の演題通り、日本人が世界の舞台で活躍するにはどのような能力を身につけなければならないのかを、現在、奈良先端科学技術大学院大学で国際連携推進本部国際展開マネージャーとして世界を飛び回って仕事をしていらっしゃる Steven 先生にしか語ることのできないエピソードを交えながら語って下さった。

 更に国際化が謳われる今、真の「地球人」になるためにはどのようなことが必要とされているのかを話していただいた。その中で私達日本人が最も苦手だといわれているプレゼンテーションについても生徒同士で体全体を使った実践練習を行い、的確なアドバイスをしていただいた。

 講演全体を通して Steven 先生は国際化が謳われる今の時代、真の「地球人」になるには、また、随所に生きるためのヒントのようなものも散りばめられており、生徒にとって自分の生き方をも見つめ直す良い機会になったようだ。

 講義終了後も Steven 先生に個人的に質問や相談をしたい生徒の列が途切れることはなかった。それほどまでに今回の講演は生徒にとって今まで持ち得なかった新しい視点を持つきっかけになるものだったと思う。

 

 生徒の感想から
  • 世界で活躍している Steven 先生はかっこいいと思った。先生がおっしゃったように常に学び挑戦し続ける人になりたい。
  • Steven 先生の言葉で「挑戦をやめてはならない」「死ぬまで学べ」「地球人になれ」というのがとても印象に残りました。プレゼンテーションを行うには、まず基本が大事なのだと改めて感じました。背筋を伸ばす(肺に空気を入れるため)、スマイル(自信を高めるため)は、万国共通のことだと思いました。まだ英語でプレゼンテーションができなくてもそういう基本的なことなら今の私でもできると思うのでこれから実践していきたいです。
  • これから生きていく中で大切なことや、学ぶとはどういうことかなどの話をしてくださってとても興味深かったです。自分は今進路で悩んでいるけれど Steven 先生のようにやりたいことをできるってすごいし、やりたいことを見つけられるのも本当にすごいと思います。泣きそうになった!!感動した!!
  • 本当に面白い講演でした。笑顔がステキでした。たまに日本語で話してくれたりして、英語が苦手なので助かりました。「自分が興味を持っていない仕事をしても成功しにくい」と言われて私は将来の夢は決まっていないけれど参考にしようと思いました。特に行きたい講演がなかったのでたまたまこの講演を選びましたが、この講演に来て良かったと思いました。
  • 自分がもっと英語を聞きとる力があればもっと先生の言いたいこと、言っていることが伝わったのかと思うと残念でした。全部の内容が分かったわけではなかったけれど、今、大切にしないといけないこと、これからもずっと意識するべきこと、向上するために大切なことなどずっと覚えておきたい内容が多数あり、感動しました。今度クラスでの2分くらいのプレゼンテーションがあるのですが、今回教えていただいたことを実践して良いものにしたいと思います。