創立90周年 記念式典

 平成25年11月3日(日)、なら100年会館を会場として、「奈良県立奈良高等学校 創立90周年 記念式典」が開催されました。

 会場には奈良県教育委員会、県内各高等学校、同窓会「宝相華会」、育友会、法蓮町自治会、OB・OG、在校生など約1400人の方にお越しいただきました。

 開会行事では、90周年生徒実行委員会代表の吉川朋宏くんが開会宣言を、生徒会総務委員長の鈴木ひかりさんが生徒代表あいさつを、奈良県教育委員会教育長の冨岡将人様が主賓あいさつを行いました。

 卒業生で朝日放送アナウンサーの三代澤康司様をお迎えし、総合司会をご担当いただきました。

 奈良高校この10年の歩みでは、部活動の活動の様子や、SSHのとりくみの成果、修学旅行の変遷がスライドショーを交えて紹介されました。

 卒業生で愛媛放送アナウンサーの坂口愛美様へのインタビューと仕事の紹介を、本校放送部員が行いました。

 卒業生でチェロ奏者の伊東裕様、声楽家の花房英里子様のミニコンサートが行われ、会場一同がすばらしい演奏に聴き入りました。

 90周年生徒実行員会委員長の関しおりさんが90周年記念事業報告をスライドショーを交えて行いました。

 記念講演では、卒業生で日本マイクロソフト株式会社社長の樋口泰行様に、学生時代のこと、就職した初めの会社のこと、アメリカへ留学した時代のことをスライドで懐かしい写真を披露しながら話していただきました。

 在校生に向けて、「どんなことでも頑張ったことは自分のためになるし、ためになっているということは後々になってみてわかるので、今を一生懸命がんばろう。」とのメッセージをいただきました。

 閉会行事では今回新たに作られた90周年記念応援歌が披露され、90周年記念事業実行委員会委員長の小山新造様が謝辞を述べられました。