「高校生ICTカンファレンス 2015」in奈良に本校生が参加しました

「高校生ICTカンファレンス」は、2011年に「高校生熟議」として大阪でスタートしました。奈良県は2013年から参加しており、2014年は、北海道、東京、大阪、奈良、大分の5都道府県での開催となり、計44校221人の高校生が参加しました。2015年は開催地を10都市に広げる予定です。

 奈良大会には奈良高校・奈良朱雀高校・奈良情報商業高校・香芝高校・青翔高校・王寺工業高校・高田高校が参加しました。

 この活動の主旨は、高校生同志が身近なケータイやインターネットの問題を通して、共に考え、論議し、まとめ、発表することで、コミュニケーション力とプレゼンテーション力をはぐくむ場として開催されました。

 さらに高校生の意見を政府に届けるべく、各地域の生徒代表がサミットで提言にまとめ、内閣府・総務省・文部科学省で発表します。