SSH事業の効果・成果に関する卒業生アンケート(お願い)

奈良県立奈良高等学校

SSH卒業生 各位


奈良県立奈良高等学校

校 長     安 井 孝 至

 

SSH事業の効果・成果に関する卒業生アンケート

 

初夏の候、奈良高校SSH事業の主対象生徒であった卒業生の皆様いかがお過ごしでしょうか。皆様におかれましては高校卒業後、各方面でご活躍のことと思います。

本校は平成16年度より文部科学省からSSHの指定を受け、事業を展開して12年が経過しました。

1期目の指定(H16~18)から3期目の指定(H24~H28)までの間に学校設定科目であるSSP科目を多く設置し、科学技術系クラブを増加させ、さらに3期目指定からはSSHコースを開設しました。

そのSSH事業の主対象生徒(SSP科目選択者や科学技術系クラブ員、SSHコース選択者等)230名が今春までに卒業しました。

奈良高校が今後もSSH事業を継続するにあたって、本校でのSSH事業の効果、成果を検証することが重要な課題になっています。皆さんが高校時代に経験したSSHの取組が将来、大学や社会に出て、どのような影響を与えたかを調査すべくこのアンケートをお送りしています。

今後、奈良高校がSSH事業を継続するための重要な資料となるアンケートです。後輩達のためにもご協力いただければと思います。

同封したアンケート用紙に記入し返信用封筒に入れて、投函していただくか、奈良高校ホームページに掲載している「SSH卒業生アンケート」から、Excelファイルをダウンロードし、記入後E-mailで添付ファイルとして返信していただいても結構です。

返信先はホームページ上にも掲載していますが、「narasshanke★yahoo.co.jp」です。(★マークの部分はお手数ですが@に置き換えてご使用ください。)

また、この手紙は卒業時の住所に送っています。在校時の住所からの異動等で連絡がつかないと思われる友人(SSH主対象生徒)には、クラスの連絡ツール(LINEやFace book等)でこのアンケートについての情報を連絡してもらえればと思います。

アンケートの集約のため、平成28年7月11日(月)を〆切のめどとさせていただきます。ご多用中恐縮ですが、趣旨をご理解のうえご協力お願いいたします。

 

追伸

 今年度は全国SSH生徒研究発表会が2016年8月10・11日に神戸国際展示場にて開催され、本校からは地学部が参加する予定です。

 また、11月12日(土)けいはんなプラザで「まほろば・けいはんなサイエンスフェスティバル」を実施します。

 さらに、2017年2月18日(土)には「奈良高校SSH生徒研究発表会」を開催する予定です。後輩達の研究発表を是非見に来てください。

 

照会先         

奈良県立奈良高等学校 SSH部 森島邦佳  
TEL: 0742-23-2855  
FAX: 0742-23-4395