「高校生平和大使」日下梨々子さんが帰国報告

 「高校生平和大使」の1人として、スイスのジュネーブにある国連のヨーロッパ本部を訪れた日下梨々子さんが、関係各国に6日間滞在したあと、8月26日に帰国しました。

 日下さんは、9月5日、奈良県庁やエルトピア奈良でパンフレットやスライドを使い、国連のヨーロッパ本部において、核兵器の廃絶を訴えるスピーチを英語で行い、21万4千人余りの署名と千羽鶴を手渡したことなどを報告しました。
 また、出発前に奈良県議会から手渡された「核兵器廃絶を求める決議」も軍縮部の代表の方に届けたことも報告しました。

 日下さんは、「いろんな立場の人の話を聞いて視野が広がりました。この体験をもとに、これからも平和に向けた活動に全力で取り組みたいです。」と話していました。

 この様子は、9月5日のNHK奈良の夕方のニュース「奈良ナビ」でも放映されました。

  

奈良高校の日下さん、奈良県議会から託された核廃絶決議文を国連へ:https://mainichi.jp/articles/20170818/ddl/k29/040/438000c