「核」の恐怖同世代に 平和大使奈良の高校生

 第20代高校生平和大使に選ばれた本校2年の日下梨々子さんが発案した、被爆者を招き本校で講演をしていただく企画が実現しました。

 8月15日(金)、本校視聴覚室において、被爆者で在日韓国人の朴 南珠(パク ナムジュ)さんをお招きし、広島で被爆した当時の様子を詳細に伺いました。

 約70人が講演を聴き、講演後もいろんな質問が出ました。

 

 

平成29年9月16日付け 毎日新聞の記事はこちら