台湾訪問団が奈良高校を訪れました

 平成29年10月23日(月)11:00~13:00、台湾国立新竹科学工業園区実験高校から34名の生徒(男子17名、女子17名)、学校長を含む引率教員4名が奈良高校を訪問されました。

 台湾訪問団の生徒の皆さんは、当初、3つのグループに分かれて理数系の授業を見学した後、昼休みには本校総務委員会(生徒会)主催の、コーラス部・吹奏楽部による歓迎中庭コンサートに参加する予定でしたが、台風21号のため大雨警報が発令されており、急遽、内容を変更しての実施となりました。

 一団は、会議室にて、総務委員会作成の本校紹介DVDを視聴し、SSHの取組についての説明を聞いた後、積極的に質問をしてくださいました。また、訪問の返礼として、代表生徒が台湾及び学校紹介を英語で発表するとともに、34名の生徒全員で、日本語の歌と自校の校歌を本校職員の前で披露をしてくださいました。

 今回の訪問では、残念ながら本校生徒との交流はできませんでしたが、台湾国立新竹科学工業園区実験高校の皆さんが短いながら有意義な時間を過ごしていただいたと確信しています。