日々所感

9月14日

99日に石川県金沢市で開催されたWROWorld Robot Olympiad)の全国大会に出場していた2年の井上君のチームが見事優勝し、11月にタイで開会される国際大会に出場することになりました!

WROは自律型ロボットによる国際的なロボットコンテスト。世界中の子どもたちが各々ロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく、科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われます。(WRO japanのサイトより抜粋)

井上君らは大会でも課題難度が高いエキスパート部門のシニア(高校生)に出場し、日本一に輝きました。国際大会までの間、さらにロボットの精度を高め、当日に出されるサプライズ課題に対応できるよう研究を進めていくという決意を語ってくれました。

目標である世界一を手にして欲しいと思っています。きばれー!!

 

 

夏休み中に、県代表としてマレーシアでの赤十字国際交流プログラムに参加した森井さんが、活動の報告に来てくれました。

ホームステイをしながら、マレーシア赤新月社本社及びジョホールバル支部、IFRC(国際赤十字赤新月社連盟)への表敬訪問、学校でマレーシア赤新月社ユースメンバーとの文化交流、グループディスカッション、自国紹介のプレゼンテーションなどの活動に意欲的に取り組んだ様子を生き生きと語ってくれました。

「異なる考え方や文化を尊重し、認め合うことこそが、これからの国際理解・親善に繋がっていくことを学んだ。」「もっと世界に目を向けてほしい。そのために、私が体験したことや学んだことを皆に伝え、興味を持ってもらいたい。」と国際交流を通じて学んだことを話してくれました。報告会を開いて生徒たちにも伝えてもらいたいと思っています。

 

 

9月13日

  本校ホームページ「話題とお知らせ」欄に、本校の建物耐震診断結果(Is値)を掲載しました。生徒・保護者の皆様方と情報を共有し、今後の取組にもさらなるご理解とご支援をいただけますよう、情報を公開させていただくことといたしました。

  生徒には本日のホームルームで内容について説明し、保護者の皆様には説明文書を配布いたしましたので、ご質問ご意見等ございましたら、ご連絡ください。

 
9月9日

青丹祭二日目。心配された雨もあがり、日頃の生徒の行いに感謝。「自主創造」の校風をそのままに展示・研究・舞台発表等に発揮してくれ、改めて生徒たちのポテンシャルの高さを思い知りました。今後も、無限の可能性をもつ生徒たちが思い切り学校生活を楽しみ、学問や芸術・スポーツに励むことができるよう、安全で静謐な学習環境の維持に尽力します。

とりわけ、3年生はいよいよ受験本番、目標突破に向けて、ギアチェンジの時期に入ります。落ち着いて、勉強に集中できるよう職員一同取り組んでまいります。どうか、ご協力の程よろしくお願いいたします。

9月8日

青丹祭第一日目。たくさんの保護者・卒業生・近隣の高校生・ご近所の方々などをお迎えし、生徒のパワー全開のイベントとなりました。ステージ発表・校舎内展示・各種研究発表・校内装飾・育友会バザーなど盛り沢山なプログラム。私にとってもたくさんの生徒といろんな話ができた一日でした。

育友会バザーにご寄贈いただきました宝相華会の諸先輩方、旧職員・保護者の皆様、本当にありがとうございました。また、準備のため連日、来校いただきました育友会本部役員の皆様、評議員の皆様方、大変お疲れ様でした。心から感謝申し上げます。

8月28日

 今日は、久しぶりの雨。

 オープンスクールに引き続き、奈高公開講座を開催。SSH事業の一環で、理数好きの県内中学生を集めて、90分の講座を実施しました。講座内容は、以下の通り。

○数学:「折り紙と数学」、○物理:「物の落ち方を調べよう」、○化学:「銅のエッチング実験」、○生物:「電子顕微鏡で見るミクロの世界」、○地学:「ヒスイの見分け方」、○情報:「i-Padを用いたプログラミング」

 中学生たちは持っている知識をフル回転させ、少し背伸びしながらサイエンスの面白さを体験しました。好奇心豊かな子どもたちが、今後自由な発想で研究活動に挑戦する一助となればと思います。

 
8月25日

 本日、オープンスクールを開催。1,200名を超える中学生や保護者が来校され、授業体験、学校説明会、中庭コンサート、部活見学などに参加していただきました。現役生徒たちによる企画・運営もあり、奈高らしいイベントとなりました。本校に大きな夢と希望を持ってくれている未来の奈高生たちのためにも様々な取組を進めてまいります。

 午後は、大阪府立北野高校で開催された関西公立高校即興型英語ディベート交流大会の応援です。通常の、事前に提示された論題を考察して準備するアカデミックディベートではなく、論題発表から15分間でチームでアイデアを出し合い、話し合って各自でスピーチを作ります。北野、膳所、堀川、神戸、彦根東の強者たちが競い、参加した本校のベストディベーターたちも頭が沸騰する程の刺激をもらったと思います。

 結果は、見事準優勝(昨年度は優勝!)、12月の全国大会を目指します。エキシビションディベートにも本校から2名が選ばれ、個人賞も獲得しました。生徒たちにいろんな学ぶ機会を提案していきます。

 

8月20日

 全国高等学校PTA連合会佐賀大会に本校育友会本部役員の皆様が参加され、育友会長が「The prime of them~彼らの輝ける日々に立ち会って~」というテーマでプレゼン発表されました。近畿ブロックの代表として、本校教育の特色、育友会活動、生徒の活躍などを写真を交えて様々なエピソードとともに報告されました。参加された他県の校長からも、奈高愛に満ちたとても印象に残る報告内容であったと伺い、嬉しく思っております。役員の皆様、本当にご苦労様でした。

 保護者の皆様方には、本校教育の推進に様々なかたちでご理解とご支援をいただいていることに改めまして感謝申し上げます。今後も、ご期待に添えますよう、取り組んでまいる所存です。

 

8月13・17日

  本校の新企画、奈高第1回大学探訪(京大コース)に、大志を抱く1・2年の75名が出発。17日には第2団が行きます。
本校OBの教授らによる模擬講義と研究見学・実験体験、OB学生たちの案内で研究室・施設見学、さらに進路相談など盛り沢山なプログラムです。運営費では本校同窓会である宝相華会様にご支援をいただいています。ありがとうございました。

 生徒たちの夢が実現しますように

 

8月8日

   SSH生徒研究発表会の全国大会が神戸で開催され、本校の生物部が「ムラサキの生存ストラテジー~温暖化に染まりゆくムラサキ~」の研究を発表しました。近年、個体数が激減しているムラサキの生育に最も適した環境を調べ、地球温暖化との関連を究明しました。

 午後は、NHK全国学校音楽コンクール 県大会に出場したコーラス部を応援。いつもながら、美しいハーモニーに癒されました。

 

8月2日

 昨日開催された第13回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会(会場:兵庫県立武道館)55kg級で笠川君が見事優勝し、校長室へ報告に来てくれました!この大会は20才以下の選手で競われ、シードの笠川君は4戦全て一本勝ちで圧倒。9月に埼玉県で行われる全国大会に出場し、そこで優勝すると10月にはバハマで開かれる世界ジュニア選手権に出場できるようです。厳しい体重管理と練習、そして第一志望突破に向けた勉強にも頑張りたいと力強く語ってくれました。

 
7月30日

 昨日、シンガポール研修の面々が帰国し、入れ替わるように、本日1・2年生20名のイギリス語学研修の出発を見送ってきました。6レベルのクラス分けテストを受けた後、ヨーロッパやアジア各方面から参加する海外の生徒らとともに研修に参加します。生徒たちはロンドン大学の学生寮に滞在して、英語研修・課外活動・オックスフォード研修のほか、国会議事堂・バッキンガム宮殿・大英博物館などを見学します。皆さん、大いに楽しんできてください!

 

 シンガポールのカトリックジュニアカレッジでは、バディシステム(本校生徒一人に一人ずつ案内役の生徒を付けていただきました)で授業参加や研究発表を行い、交流を深めることができました。本校の生徒たちを厚く歓迎していただき感謝しております。

 お世話になった校長先生より記念の盾、また本校生徒からもお土産をいただきました。ありがとうございます。

 

 夏期休業中のSSH事業については、京都大学瀬戸臨海実験所研究講座は台風の影響で中止としましたが、JAXA(宇宙航空研究開発機構)研究講座、東京大学理学部及び理化学研究所・国立科学博物館へのサイエンスツアー、西はりま天文台研究講座等を実施し、神戸で開催される全国SSH校生徒研究発表会にも参加します。それぞれの研修が実り多いものになるよう、期待しています。 

 

 
7月25日

 本日、本校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)コースの3年生21名が、シンガポール海外研修に出発しました。サイエンスセンターやシンガポール国立大学を訪問した後、カトリックジュニアカレッジで授業参加、共同実験、文化交流、各グループによる研究発表などを行います。英語によるプレゼンテーションの準備にみっちりと時間をかけた成果を発揮できますように。

 5日間の研修で、英語のコミュニケーション力を伸ばし、豊かな国際感覚を身に付けてほしいと思っています。

 
7月22日

 第38回近畿高校総合文化祭将棋部門奈良県予選において、本校囲碁将棋部団体チームが見事、リーグ戦を全勝で優勝しました!団体戦は3人で構成。3連勝のあと、事実上の決勝戦となった東大寺学園戦は2勝1敗の逆転劇で勝利。

 主将の遠藤君は、先日の県の竜王戦(高校の部)で優勝し、8月の全国高校将棋竜王戦に出場、副将の濱田君も今年の全国高校総合文化祭奈良県代表を勝ち取っています。

 秋に行われる近畿大会団体戦で、旋風を巻き起こすこと間違いなしです。

 

7月20日

 終業式に引き続き、体育館で、県の高校生平和大使に選ばれた原さんと昨年度大使の日下さんが、核兵器廃絶高校生署名活動のアピールを行いました。高校生たちの平和への思いを未来へ伝える署名活動を登下校時に、生徒昇降口で実施。多くの生徒・職員が署名しました。原さんは、夏休み中に長崎平和祈念式典に参加し、スイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪れ、核廃絶に賛同する署名を届けます。

 
7月16日

 作法室で百人一首かるた部の練習を見学させていただきました。ピーンと張り詰めた雰囲気の中、一瞬に懸ける競技の厳しさ、集中力は大したもの。さすがに「ちはやぶる・・・」の歌の時は、一番激しく札が飛び散っていました。部員の皆さんの健闘を祈ります。

 
7月15日

 近畿高等学校PTA連合会大会が神戸で開催されました。本校の取組が近畿代表として推薦され、本日、育友会長様の実践発表を本部役員の皆様とともに応援してきました。行事・イベント・生徒たちの実績も多い学校ですので15分にまとめていただくのに大変ご苦労されたと思います。ありがとうございました。

 8月には佐賀で開催される全国大会でも発表されます。

 
7月14日

 第100回目となる高校野球奈良県大会の開会式に参加してきました。奈高選手団の堂々とした行進、本校放送部員による総合司会、コーラス部員の大会歌合同合唱。暑かったですが感動しました。

 今年は、ベスト4への壁を突破してくれるか!

 
7月10日・11日

 7月30日から1・2年生20名の生徒が、ロンドン大学ロイヤルホロ―ウェイキャンパス・オックスフォードへ出発します。この語学研修の事前説明会を開催し、イギリスの地理・気候・教育制度、研修内容、寮生活、持ち物チェックなど細部にわたる説明をしました。また、県内高校のALTの先生方にも協力いただき、スピーキング・ディベートなどの研修も実施。いよいよ準備・事前学習に熱が入ってきました。

 3年生には、この夏の受験勉強に向けて、入試問題に実践対応した講義と演習「スタートアップゼミ」を開催。予備校の講師にご協力いただき、多くの生徒たちが熱心に難問に挑戦しました。先生方にも授業力向上への参考となればと思っています。本校では夏期休業中に5教科で整理講座を実施し、生徒の第一志望突破をサポートします!

 
6月28日

 2年生期末考査第3日目。「竪義の庭」にきれいな睡蓮の花が咲きました。

 
6月18日

 7:58 地震発生。今日は球技大会で、早朝よりたくさんの生徒が登校しており、直ちに校舎外へ避難。校舎内外の点検、余震、交通機関の状況などを確認しながら、総務委員(生徒会)の生徒たちと協議。グラウンド競技のみにプログラムを変更、メンバー替え、コートの追加など即座に対応してくれ、混乱なく最後まで競技を行うことができました。総務委員のリーダーシップと臨機応変な対応、教職員との連携のお陰で熱い戦いの1日となりました。

 
6月17日

 本日、広島出張の折り、偶然にも全国より集まった高校生平和大使の広島研修が行われており、それに参加していた本校の原さんと広島駅でサプライズ対面(校長の画策)となりました!原さんは驚いた様子でしたが、研修の疲れも見せず、改めて大使としての決意を語ってくれました。その時の写真と、教育長との対面の様子を掲載します。

 以前、校長室を訪れてくれた時にも、「言葉の力は核兵器より強いはず。自分なりに核廃絶、世界平和について考え、発信したい。」と話してくれました。

 
6月2・3・9・10日

 インターハイ県予選の応援に行ってきました。6月の土日、各会場で開催された高校生の熱い戦いでは、歓喜あり涙ありのドラマが展開されていました。限られた練習環境の中、何事にも手を抜かず、負けず嫌いの奈高生はそれぞれにベストを尽くしてくれたと思っています。感動、ありがとう!

 以下に、主な戦績・活動を紹介します。

○ハンドボール:男子3位、女子2位。近畿大会出場。

○ソフトテニス:男子団体3位。近畿大会出場。

○卓球:女子団体3位、女子ダブルスベスト8,女子シングルスベスト16。近畿大会出場。

○陸上競技:男子800m優勝!、女子走り高跳び2位、男子三段跳び3位など12種目で6位入賞。近畿大会出場。

○剣道:男女団体8位。近畿大会出場。

○アーチェリー:女子団体優勝、男子個人 全国大会(インターハイ)出場決定!

○バレー:男子3位。近畿大会出場。

○弓道:女子個人5位・10位。近畿大会出場。

○バドミントン:女子シングルス3位。近畿大会出場。

○柔道:男子60kg級2位。近畿大会出場。

○放送局:NHK杯全国高等学校放送コンテスト奈良県大会 アナウンス部門優秀賞、朗読部門優秀賞、創作ラジオドラ マ部門優良賞。全国大会出場決定!

○水泳:県記録会 男子200m個人メドレー優勝、男子400m個人メドレー優勝!

○吹奏楽:県独奏コンクール 金賞(オーボエ)

○ダンス:第3回定期公演会開催

   
 

 
5月17日

 新緑萌える奈高の森は今、瑞々しい若葉が真っ盛りです。

 明日からの第1学期中間考査に向けて、職員室前の質問コーナーは満席。

 生徒諸君の健闘を祈ります!

 
5月10日

 北京理工大学附属中学生31名(高2)を受け入れ、午前中授業体験、昼休みは歓迎中庭コンサート、放課後は部活動見学と盛りだくさんなプログラムで国際交流を図りました。授業は生物や化学の実験、数学の演習、漢文の中国語音読、英語問題のコンペ、中国の民謡歌唱、書道体験などなど多彩な内容で、多くの先生方に協力いただきました。

 中庭コンサートではコーラス部・吹奏楽部、部活見学では弓道部・華道部を中心に交流しました。短い時間でしたが、本校生徒たちは積極的に英語でのコミュニケーションに努め、相互に理解を深める楽しい一時を過ごしてくれたと思います。 

 
5月5日

 コーラス部第16回定期演奏会をなら100年会館で開催しました。たくさんの方々のご来場を得て、美しいハーモニーを披露してくれました。第Ⅱ部では部員による寸劇ありの企画ステージ、第Ⅲ部ではOBGとの合同ステージなど盛りだくさんなプログラムでご来場いただいた皆さんには部員のパフォーマンスを十分にお楽しみいただけたと思います。

 コーラス部は昨年度、全国大会にも出場した実績があり、今後のさらなる活躍に期待します!

 

 
4月29日

 春季高校バレー県ベスト4に進出していた男子チームの準決勝がありました。惜しくも添上高校に敗れましたが、相手を追い込む場面もあり、気合い溢れる戦いぶりでした。

 明日香テニスコートでは個人戦のインハイ予選がスタート。ベスト64以上の本選進出を目指して熱い戦いが展開されていました。

 沢山のOBOGの皆さん、応援ありがとう。

 

 また、本日は吹奏楽部第30回定期演奏会を開催。郡山城ホールが満員となり、ご来場の皆さんの心を揺らす演奏に感動しました。寸劇、ダンス、合唱と盛り沢山のパフォーマンスにあっという間の2時間でした。

 
4月28日

   春季高校野球 対郡山高校戦を応援してきました。6-3で勝利 ❗武村元校長先生、野球部OB会長さんと一緒に声援を送りました。保護者の皆様、写真部の皆さん、応援ありがとうございます。

 
 
4月23日

 奈高は今、ツツジが満開です!

 
4月19・20日

 二日間にわたり、中庭コンサートを開催。プラトンとアリストテレスが立つ「竪義の庭」で吹奏楽・コーラス・邦楽・ギタマン各部が昼休みに美しい旋律を奏でてくれました。思い思いに弁当を持ち寄り、語らう豊かな時間が流れていました。放送局の皆さんもご苦労様でした。

 
4月17日

 今日はオーストラリア短期研修の報告会と本年度夏のイギリス研修の説明会を開催。予想を上回る130名が参加し、会場をバレー、バスケ部の協力を得て会議室から体育館に変更。 

 報告会では先輩から研修内容の他、ホームステイでの体験から、yes,noをハッキリ言うこと、家族にもplease,thank youをきちんと伝えることなどの話がありました。

 グローバルリーダーの条件は語学力のみならず、高い専門性の確保と幅広い教養、自分の意見に理由と責任を持つことと言われます。自国を知り、世界の文化や歴史、芸術にも関心をもってほしいと思っています。

 
4月10日

 2018年度、入学式。360名の新入生を迎え、音楽系クラブの演奏・合唱、放送局・写真部の活動に支えられ、厳粛で感動的な式典となりました。

 式辞では、本校の中庭である「竪義の庭」に建つプラトンとアリストテレスの師弟が対話と議論を通して、事物の本質を探究した姿を理想とし、日々その姿を仰ぎ見ることで、彼らを学問の師とすることを誇りとしてほしいと話しました。

 式後、玄関前は記念撮影で長蛇の列。

 今後も「自主創造」の校風を受け継いでいきます。

 

 
3月30日

 本日離任式。奈高満開の桜とともに、お世話になった先生方をお送りしました。

 

 
3月23日

 3月23日、福島県で開催された声楽アンサンブルコンテストの全国大会に出場したコーラス部が、8位銀賞を受賞 ❗

 大した10人です。

 校長室へ受賞の報告に来てくれ、春日大社の御田植歌を聞かせていただきました。実に表現力豊かなハーモニーが室内に響き渡り、心を動かされました。

 

 

3月19日

 3月19日、ギターマンドリン部の第53回定期演奏会が100年会館で開催されました。

 県立高校唯一のギタマン伝統の演奏会。第二部はOB・OGをお迎えして、豊かな旋律を会場全体で楽しませていただきました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

 

3月18日

 県文化会館で開催された奈良高校OB美術展に現役美術部員の作品を展示していただきました。

 どの作品も「自主創造」を彷彿とさせる秀作で、中でも「カメ亀かめ」と「根差す」の2作品は県総合文化祭で優秀賞を受け、来年度長野県で開催される全国高等学校総合文化祭に出品されます。

  

     

3月15日

 本日、奈高 海外語学研修 第1回派遣団の30名が、オーストラリアに向けて出発しました!

 3月28日までシドニーでホームステイをしながら現地の高校生との交流や大学訪問などを通して、グローバルリーダーとしての資質に磨きをかけてくれることを期待しています。

 ひたすら無事に帰ってくれること、楽しい刺激あふれる研修となることを願っています。

 

 

3月1日

 厳粛で思い出に残る卒業式となりました。

 本校では卒業生全員に壇上で卒業証書を手渡します。一人一人に「おめでとう」と声をかけました。皆、緊張の面持ちでしたが、しっかり「ありがとうございます」と返してくれた生徒、満面の笑みを向けてくれた生徒、パフォーマンスを試みた生徒それぞれでした。

 奈高で学んだことに自身と誇りをもって、「自主創造」の理念をいつまでも心に刻み、新しい道に進んでほしいと思います。

 

 

 

2月20日

 2月17日、奈良市北部会館市民ホールで、本校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)生徒研究発表会を開催しました。

 1年生SSP(スーパーサイエンスプロジェクト)基礎で取り組んだ代表グループによるポスターセッション発表に続き、2年生SSP理科と科学系クラブから計8本の研究成果が壇上からプレゼン発表されました。

 テーマは「快い音に関する研究」「ゾウリムシに耳はあるか」「ムラサキの生存ストラテジー~温暖化に染まりゆく紫~」「奈良はどうすれば観光面で京都に勝てるのか?」など自然科学のみならず社会科学系の研究もあり、多彩かつ高度な内容で多くの質問も飛び交いました。新しい科学技術の芽は固定的な概念にとらわれない若者の自由な着想から生まれることが多いと考えます。今後も新しい課題を見つけ挑戦し続けてほしいと思います。

 指導助言をいただいている大学・研究機関の先生方からは、プレゼンは年々上達しており、完成度の高い研究もある。自分たちの自主性で本当にやりたいと思って研究・発表をしている。英語の発表レベルも高い、との講評をいただきました。また、ご指摘いただいた課題は今後の研究に生かしていきます。

 

 

 

2月16日

 2月4日に開催された県弓道学年別新人大会(東部)において、本校の吉村 和希くんが1年男子個人の部で見事優勝しました!

 4射3中で12人が予選通過し、一本競射を3本連続的中して優勝を勝ち取りました。インターハイ出場を目指して頑張ります。

 

 

2月15日

 1月28日に育英高等学校にて行われた将棋最強位者決定戦において、本校1年の遠藤君が高段位リーグで全勝優勝し、名誉ある「中川賞」に選ばれました!奈良高校からは8名が参加し、3名が敢闘賞をいただきました。

 また当日は、プロ棋士の山本真也六段との指導対局があり、遠藤君は横歩取りから急戦を臨みました。反撃されて、結果的には負けましたが、終盤で一瞬逆転する場面があり、プロとの真剣勝負を経験することができました。

 ちなみに彼は小学生の頃、今をときめく藤井聡太五段と対局した経験をもつ実力者です。

 

 

 

2月2日

 声楽アンサンブルコンテストの全国大会に出場するコーラス部員が校長室を訪ねてくれました。

 大会では新たに「春日大社御田植歌」を発表しますが、それに向けて、春日大社の学芸員から歌詞の意味や歴史的背景などについてご教示いただき、3月に行われる御田植神事を見学する予定です。

 事前に研修を積み、歌詞に込められた思いを理解して、より質の高い練習に取り組みます。

 本番は3月23日、福島市音楽堂で開かれます。応援よろしくお願いします。

 

  

1月29日

 1月27日(土) 奈良の冬の風物詩、若草山の山焼きを本校本館屋上より眺望。凍てつく夜空に壮大な炎と花火の競演でした。(本校屋上からは、東大寺、興福寺の世界遺産が一望できます。)

 その時、階下の生物室ではSSP理科の2年生物班が「ゾウリムシに耳はあるか?」の実験データの解析をしていました。校内研究発表会の選考会に向けての最終段階に入っています。

 

 

1月17日   

 1月15日(月)放送の奈良テレビ「ゆうドキッ!」の「スポドキッ!」のコーナーで、昨年11月、全国高等学校柔道選手権大会県予選60キロ級で見事優勝した2年の笠川 竜生(かさがわ りゅうき)君が特集されました。

 「進学校から全国挑戦!たった一人の柔道部員」と題して、本校での練習、授業風景や友達との交流、他校での合同練習などの様子が放映され、笠川君は実にしっかりと柔道への熱い思いや将来の志望について語ってくれました。3月、日本武道館で開催される全国大会に向け、一所懸命に頑張っています。応援よろしくお願いします。

 

 

1月16日

 平成30年1月14日(日)に行われた、全国高等学校選抜卓球大会シングルス奈良県予選において、1年生の森崎君が第1位になり、全国大会進出を決めました!2年生の今西さんも女子シングルスで第3位と健闘しました。

 森崎君は準決勝で足がつり、途中棄権が危ぶまれる中、本人の気力で乗り切り、勝ち取った優勝です。決勝戦は最初の2セットを取られ、大変厳しい戦況ではありましたが、その後3セットを連取し、見事優勝に繋げてくれました。3月に福井県で開催される全国選抜大会での躍進を期待しています。

 

  

 

1月15日

 小倉百人一首かるた部が「高松宮杯」に参加しました。

 近江神宮は競技かるたにゆかりが深く、毎年この時期に名人位・クイーン位決定戦が行われます。

 今年は1月6日(土)に行われました。また、それに続いて、7日(日)、8日(月)には、「高松宮記念杯近江神宮全国競技かるた大会」も開催され、奈良高校からも小倉百人一首かるた部の部員4名が参加しました。

 この大会は、昭和26年にかるた祭とともに始められた伝統ある大会で、1000人を越えるかるた選手が全国より集まります。7日B・C級に参加した2年生の2名は、1回戦に勝利し、2回戦ともに運命戦(自陣・相手陣ともに最後の1枚になった試合のこと。僅差の勝負ということです。)となったものの惜しくも敗れました。

 8日のD級に参加した1年生2名も、体調が悪い中健闘しました。


参加した選手のコメント
「普段とは違う相手や環境下での緊張した試合になりました。色々な人とあたり、改めて自分の足りない所を発見できました。今日を生かし次に進みたいと思います。」

 

 

12月27日

 本校の吹奏楽部が毎年恒例の高齢者施設への訪問演奏(12/22)と、佐保川こども園でのクリスマスコンサート(12/25)を開催しました。どちらも今年で6回目。

 施設では「青い山脈」や「瀬戸の花嫁」「蘇州夜曲」等、演奏に合わせて元気な声で歌っていただきました。

 いつも温かい笑顔で迎えていただき、こちらも元気をもらえ、音楽を楽しむ気持ちは一緒だと改めて気付かされる機会となりました。

 こども園では、楽器紹介や体操、部員の創作劇や指揮者体験コーナーもある盛りだくさんなプログラム。園児の皆さんもとても盛り上がって、楽しんでくれたのでいいパフォーマンスとなったと思います。園児からのお返しの和太鼓も素晴らしかったです。

 

 

 

12月24日

 NHK Eテレで今朝6時から放送された「短歌de胸キュン」で、本校生徒の作品が紹介されました。

 「甘い」をテーマとする応募作の中から見事「胸キュン大賞」を獲得!

 『詰めが甘い 雑巾おれに貸してみと 黒板受けを拭き直す君』

 彼女は終業式後の表彰伝達でも、三輪山まほろば短歌賞で表彰されたことを紹介しました。卒業後は歌集を出したいとのことです。

 

 

12月19日

 昨日に続いて嬉しい知らせを届けてくれました。

 10月に行われた全日本通信珠算競技大会で本校生徒が高校個人の部で全国3位、団体の部で6位に入賞しました!

 個人戦は2,000点満点の1,980点で惜しくも優勝を逃したそうです。

 私の目の前で6~7桁の掛け算の暗算を瞬殺で正解!恐れ入りました。

 

 

 

12月18日 

 第11回奈良ヴォーカルアンサンブルコンテストで本校コーラス部が見事総合1位に選ばれました!

 来年3月に福島市音楽堂で開かれる全国大会に出場します。

 今日、部員の皆さんが校長室へ報告に来てくれ、感動冷めやらぬ様子に一ファンである私も喜びを共にしました。

 いつも彼女らの美しいハーモニーに癒され、元気をもらってます。

 

 

12月1日

 11月13日夜、薬師寺大講堂で営まれた「慈恩会」の法要後に一人前の学僧となるための口頭試問である「竪義(りゅうぎ)」が行われ、本校生徒と一緒に見学させていただきました。

 竪義は法相宗の教義に関する問答で、同宗僧侶の登竜門とされる難題。寺に入って17年間修業し、「前加行」という21日間横になって眠ることが許されない厳しい行を経て挑戦できる。

 本校のプラトンとアリストテレスが見守る中庭を「竪義の庭」ということにちなんで、1年生のSSH科目である「地域と生活の科学」で、2名の生徒が「mystery of 竪義 in 薬師寺」と題して研究している。

 事前に薬師寺で講義を受け、当日は本校、昭和31年ご卒業の安田暎胤長老もご参列の中、午後9時頃から11時過ぎまで、厳粛な空気に浸りながら、熱心に様々な所作や問答の様子に見入っていました。

(大講堂内部の写真は薬師寺様よりご提供いただきました。)

 

 

 

11月25日

 11月25日に行われた第40回全国高等学校柔道選手権大会県予選で、2年の笠川君が60kg級で見事優勝!!

 決勝戦は小内刈りの技有りで天理高校の一角を崩し、来年3月、日本武道館で行われる全国大会に出場することになりました。

 現在柔道部員は彼一人ですが、他校との合同練習などで頑張っています。

 今後はJOCジュニアオリンピックへの出場を目指して練習に取り組みます。

 

 

 

 

11月13日

「奈高の森」の紅葉です。

 

 

11月9日

 本校「夕日の坂道」の銀杏並木が紅葉真っ盛りのなか、「奈良高校教育の日」として授業公開、進路講演会、SSP講演会、学校評議員会を開催。

 早稲田大学の石原千秋教授より「漱石が作った近代文学」、九州大学の坂上貴洋教授が「振り子から見る現代物理 :カオスと同期現象」と題して文系理系の2講演。講演後は質問者が殺到し、大学生並みの高い問題意識を持つ生徒もいて感心したとのお言葉。中には家から持ってきた文献を示して質問する強者も。

 生物の実験は鶏の心臓から血管を観察。オールイングリッシュの英語授業は公開研究授業として他校からも先生方が参観されました。

 学校評議員会では本校教育に多くの貴重なご意見ご提言をいただき、感謝致します。たくさんの保護者と共に知的な刺激満載の一日でした。

 

 

11月2日

 11月1~2日、全国普通科高等学校長会総会・研究協議会が奈良県ではじめて開催され、本校卒業生の皆さんが受付や袴姿のせんとくんのエスコートなどでお手伝いをしてくれました。

 初日午後のアトラクションにギターマンドリン部が出演し、全国から集まった校長先生方から大変にご好評をいただきました。

 

 

 

10月30日

 今日の昼休み中庭コンサートは邦楽部のお琴と伝統のギターマンドリン部。木枯らし一号が吹く中、プラトンとアリストテレスの庭(竪義の庭)で和洋弦楽器の調べを楽しみました。両部とも11月の県総合文化祭に出場します。

 

 

  

10月28日

 今日は精華町けいはんなプラザで「SSHサイエンスフェスティバル」を開催。

 県内や京阪地区の連携校17校をお迎えし、ポスターセッションによる研究発表を実施しました。

 講演には京大より夏のサイエンスツアーでお世話になっている久保田信准教授をお招きし、不老不死の生物ベニクラゲの神秘に迫るというテーマで生き物たちへの敬意と愛情溢れる講義をいただきました。

 生徒たちの研究発表はどれも秀逸で、来場いただいた高・大の先生方の鋭い質問にもめげずに応答。固定的な概念にとらわれない自由な着想が将来のイノベーションに繋がればと期待しています。

 

 

 

10月27日

 本日、快晴の昼休み、吹奏楽部とコーラス部による中庭コンサートを開催。お弁当を持ちよって和やかに秋の一時を過ごしました。教室の窓から、スカイウォークからもたくさんの生徒たちが演奏を聞き入っていました。

 

 

10月23日

 台風の影響で臨時休業とした本日、予定通り台湾より30名の高校生を迎え、本校SSH事業の取組を紹介しました。

 グローバルリーダー育成のための企画で、本来なら理科の授業や中庭コンサートで生徒同志の交流となるはずでしたが、残念ながら本校教員との交流となりました。

 生徒作製の学校紹介ビデオが好評で、お返しに日本語の歌や英語によるパフォーマンスを披露してくれました。

 機をみて、生徒たちに伝えます。引率の校長先生からは是非台湾へとお誘いいただきました。 

 

 

 

10月18日

 今日は本校育友会家庭教育部会の企画による文化施設見学会がありました。

 今年は當麻寺を会場に60名の保護者がご参加下さいました。

 中之坊で150枚の天井画(宝相華の絹谷幸二様の作品も!)の下で壮麗な浄土を描いた當麻曼荼羅の絵解きを拝聴した後、心静かに写仏に挑戦。

 精進料理とお抹茶をいただき、国宝・重文の伽藍や仏像・庭園を拝見させていただきました。

 寺域は強いパワースポットとのこと。中間試験中のお子様に是非、お持ち帰りいただくようお願いしました。

 

   

10月9日

 今日は本校西隣の狹岡神社で秋季大祭の宵宮がありました。

 神社の顧問様は長年本校の学校評議員を務めていただき、奈高教育の日の授業参観では、寝ている生徒を見て叱ったことがあるとの仰せ。

 宝相華会より提灯を奉納いただいたことに感謝しておられました。

 生徒たちも神頼みの折りにはお参りに行くようです。今後とも宜しくお願い致します。