お知らせ(平成25年9月5日)

 最近、本校に入学してくる生徒の多くが、スマートフォンを所有するようになってきました。中学生の頃からスマートフォンを持っている生徒もいるようです。

 フィルタリングについて、奈良県では普及率が悪く、保護者の認知度も低いようです。

 県内には小学6年生の保護者を対象に、フィルタリングの啓発活動をしている小学校があるようです。

 これは、小学校から中学校にあがるときに、携帯電話やスマートフォンを持たせてもらう子どもが多いからという理由だそうです。

 フィルタリングをかけることにより有害なサイトをブロックし、子ども達を犯罪から未然に守ることができるようになります。

 

 フィルタリングと保護者の見守りをお願いします pdfファイル