トップ > トピックス > 平成29年度 > お知らせ

お知らせ

トピックス

「誓の碑」除幕式

12月4日を本校では「命の大切さについて考える日」と設定しています。
 平成27年12月4日に高校1年生という夢多き16歳が、本校4階から転落し命を落としました。学校とは、成長途上の生徒が、自己実現を目指して活動する場であり、少なくとも安全で安心できる「居場所」であるはずです。われわれ教職員や奈良県の教育関係者は大きな衝撃を受けました。御家族の皆様方や友人にとっては受け入れがたい悲しみであったことは言うまでもありません。
課題については第三者委員会調査報告書においていくつも指摘されており、真摯に受け止め、学校として少しずつであっても確実に変わろうとする取組を続けております。また友人関係についての指摘もありました。SNSをはじめとする顔を見ないコミュニケーションは現代の特徴的な人間関係であり、ツールを使う者の意識によっては大きな課題が発生する可能性があります。
 指摘されている内容を吟味すればするほど、多くの課題と示唆があり、人の命に関わる事態につながっているという重い責任があります。学校、教職員、そして生徒の皆さん、保護者の皆さんとともに、この日を忘れず、学校が生徒にとって安全安心の場になるよう努力し続けることを誓いたいと思います。
 
 奈良県教育委員会では県全体の課題と捉えていただき、全公立学校を巻き込んだ取組を展開していただいております。「特別指導ガイドライン」も本日発表されました。
本日の除幕式には奈良県教育委員会生徒指導支援室相知美佐室長と北口貴之指導主事、奈良県高等学校長協会会長安井孝至奈良高等学校長も御参列いただき、吉田育弘奈良県教育長を筆頭に篤志をもって御協力いただきました。本日、御遺族夫妻が除幕のロープを引いてくださったことも、誓いを新たにすることとなりました。
 ここに皆様に御披露させていただき、報告とさせていただきます。

 平成29年12月4日

校長 土 居 正 明

▲ページトップへ