トップ > 緊急情報 > 警報発令時の対応

警報発令時の対応

緊急情報

台風等自然災害時における生徒の登校について

奈良県北西部のいずれかの市町村に警報(暴風、大雨、洪水、大雪等)が発表された場合

  1. 上記の警報が発表されている場合、生徒は登校しないで自宅待機をすること。
  2. 午前10時まで(午前10時を含む)に警報が解除された場合は、授業を行うのでので速やかに安全な方法で登校すること。
  3. 午前10時を過ぎても警報が解除されない場合は、休校となるので家庭学習を行うこと。
  4. 土曜日において講座等がある場合は、2・3の時刻を9時とする。
  5. 交通機関の状況等で登校できない場合や危険を伴う場合、奈良県北西部以外でも居住地に警報が発令されている場合は、生徒は登校しないで自宅待機をすること。
  6. 「問い合わせ電話」の禁止について
    授業の有無などについて、学校への問い合わせの電話は、「緊急連絡通話の妨げ」となるので慎むこと。ただし、緊急事項として、学校へ重大な通話をぜひ必要とする場合は、この限りではない。

定期考査中に奈良県北西部のいずれかの市町村に警報(暴風、大雨、洪水、大雪等)が発表された場合

  1. 上記の警報が発表されている場合、生徒は登校しないで自宅待機をすること。
  2. 午前6時30分まで(午前6時30分を含む)に警報が解除された場合は、予定通り考査を行うので、速やかに安全な方法で登校すること。
  3. 午前6時30分を過ぎて、午前10時まで(午前10時を含む)に警報が解除された場合は、午後1時から考査を行うので、速やかに安全な方法で登校すること。
  4. 午前10時を過ぎても警報が解除されない場合は、休校となるので、考査期間を延長し、当該日の考査はその最終日に実施する。
  5. 交通機関の状況等で登校できない場合や危険を伴う場合、奈良県北西部以外でも居住地に警報が発表されている場合は、生徒は登校しないで自宅待機をすること。
  6. 「問い合わせ電話」の禁止について
    考査の有無などについて、学校への問い合わせの電話は、「緊急連絡通話の妨げ」となるので慎むこと。ただし、緊急事項として、学校へ重大な通話をぜひ必要とする場合は、この限りではない。

▲ページトップへ