トップ > 生徒の活動 > 部活動 > 自転車競技 > 平成25年度 自転車競技部

平成25年度 自転車競技部

自転車競技

近畿高校トラックレースのチームスプリントで大会新をマークし優勝を決めた奈良北高校チームの激走!
インターハイへの出場が決定しました!(6月14日〜16日 向日町競輪場 於)

往馬大社(生駒神社)に初詣!〜今年(平成26年)一年の安全祈願と目標の達成祈願に〜


平成26年1月4日、初詣。


往馬大社(生駒神社)にて。

「奈良マラソン2013」の特設ステージにて、自転車競技の紹介をして頂きました!


奈良県の東部振興も兼ねたサイクリング大会「ツアー・オブ・奈良・まほろば」の説明の中で、実走ボランティアとして参加した選手の紹介がありました。


競技実績等の紹介の様子。


受付付近からパレードを行いました!

「ツアー・オブ・奈良・まほろば」(サイクリング大会)に実走ボランティアスタッフとして参加しました!


実走スタッフとして紹介されました。


ステージ慣れしたのでしょうか?!


奈良県選手の活動をパネル展示。


わが部の先輩(卒業生)にブースの受付を
お願いしました!(左:片桐さん 右:原さん)

「スポーツ祭東京2013」(東京国体 9月29日〜10月3日)に2名が出場!天皇杯”総合準優勝”に貢献しました!

「少年個人ロードレース」で3年生の仲村顕登が4位入賞を果たしました!(距離:68.2q スタート:八王子 ゴール:奥多摩 エントリー84名) 


スタート前の奈良県代表少年選手
左:仲村 右:山本(榛生昇陽高)


八王子市役所前は多数の応援の方々で
賑わっていました。9/29(日)。             


レース序盤から独走状態の仲村は後続の
選手に追いつかれたものの4位でゴール。


奥多摩湖の特設ゴールも多数の人々で
盛り上がっていました。          


84名中のトップ8名(入賞者)の表彰。
奈良県2名が表彰台に上がる快挙!


共に切磋琢磨してきた榛生昇陽高校の
山本君が優勝!仲村が4位入賞!  
この時点で奈良県総合トップだ!   

「少年1qタイムトライアル」で3年生の宮地勇貴が5位入賞を果たしました!(立川競輪場にて エントリー40名)


1qタイムトライアル緊張のスタート前。


降雨の中、スタートも上手くいきました!


トップスピードで快走。


ほとんどペースを落とさずゴール。


練習量と調整が完璧に上手くいきました。
5位入賞!感動の表彰式でした。    


奈良北出身の山本元喜先輩と一緒に。
先輩は個人種目で2位、団体種目で7位
になる大活躍でした!           


総合優勝まであと4点差の2位でした。優勝は地元の東京都でした。

「全日本ステージレース in いわて」に近畿代表チームとして初参加しました!(9月6日〜8日)

岩手県八幡平市の安比高原(第1・第2ステージ)、岩手山パノラマラインコース(第3・第4ステージ)で開催されました。


ホテル安比グランドでの開会式


堀口裕介(2年生)のスタート前 

第1ステージ(2.4q個人タイムトライアル、安比高原於)


仲村顕登(3年生)のスタート前


中本優司(2年生)のスタート前



第2ステージ(2.4q×15周=36q、安比高原於)


午前中に行われたタイムトライアルコースを
15周するレース。スタート位置に並ぶ選手。


登りで先頭を走る中本。

第3ステージ(111q、岩手山特設コース於)


焼走りの溶岩流。バックは岩手山。


スタート前の4人。長丁場のレースで
途中リタイアした選手もいました。

第4ステージ(95.2q、岩手山特設コース於)


最終ステージでスタートに立てた
中本と仲村の2人。雨のレース
となりました。           


最終ステージで7位になった仲村の
ゴール前のラストスパート。最終結果
仲村は総合9位、中本は総合16位。

「ツアー・オブ・奈良・まほろば」サイクルイベントのPRビデオ撮影に協力しました!


緊張した面持ちで説明を聞く選手。


宇陀市ふれ合い交流ドーム前にて。

「長崎がんばらんば国体リハーサル大会」に奈良県代表として参加しました!(8月24日〜27日)


壱岐島の一般公道特設国体コース
で開催。降雨の中の厳しいレース。 


佐世保競輪場でトラックレースが開催。
4qチームパーシュートで6位に入賞し
た奈良県チームの代表中本優司。  

「2013JOCジュニアオリンピックカップ自転車競技大会」に出場!中本優司(2年生)がポイントレースで表彰台に上がりました!


静岡県伊豆市のベロドローム(ドーム型、板張りバンク)で開催されました。8月18日(日)、前日の予選を通過し「ポイントレース決勝」に進出した中本。


応援スタンドからの急傾斜、迫力満点!
1周250m。国際基準です。


果敢に先頭を走る中本の走り。
この後、3人が先頭グループを
形成しました!


全国大会初入賞!ローラー台でクールダウンする表情もほぐれています。


全種目、3位までの入賞者集合です。


インターハイ予選敗退の屈辱を
この大会で晴らしました。


インターハイや選抜大会で優勝経験のある2人の選手とともに表彰台に上がりました!
奈良北高校の底力を発揮できた大会でした。

7月下旬から大分県で開催された「平成25年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)」に出場しました!



オートポリスで実施された
ロードレースのスタート前
(右側の2年堀口は鎖骨骨折中。
 満身創痍で頑張りました!)


これから109.5qの戦いが始まります!
(2年中本)


143名が出場。完走者はたったの26名でした。
炎天下の中、よく頑張り12位となり無事完走。
8位入賞までのタイム差、何と1秒。中本惜敗。

全日本選手権ロードレース大会(6月21日・22日)に本校から3名が出場しました!


大分県 県民の森 平成森林公園コース
で行われました。3年生の仲村顕登(右)
と2年生中本優司(左)。


2年生コンビの中本優司(右)と
堀口裕介(左)


スタート前霧が出てきました!


緊張のスタートです!


霧で視界がだいぶ悪くなっています。


2人目が仲村。8人しか完走できなかった激しい
過酷なレースでした。本校は全員残念ながら
途中棄権となりました。

近畿大会 学校対抗総合3位入賞!4km速度競走、チームスプリント優勝! インターハイ出場決定!(6月14日〜16日 向日町競輪場 於)


スタート直前。最終スタートでより緊張が高まり、こわばった表情の3人。2連覇なるか!!


お見事!2004年から破られなかったタイムを更新して連覇達成!左から第1走の2年生堀口裕介、3年生仲村顕登、3年生宮地勇貴。


4km速度競走のスタート前、
監督からの指示を冷静に聞く堀口。


スタートから中盤をキープ


一瞬の隙をついてスパート!


ゴール直前、独走で優勝を成し遂げた!
同種目の優勝は北大和高校からは
2人目の快挙!新たな歴史です。


表彰式:左側が優勝者2年生堀口裕介


全国大会での活躍が楽しみだ!


スクラッチ:集団後方の宮地(白赤キャップ)


徐々に前方に位置する。


第1コーナーから先行したが惜しくも2位。


表彰式:中央が宮地勇貴。全国大会に照準を合わせるぞ!


3km人追い抜き競走:初日、激しい雨の中
激走する3年生仲村顕登。自己ベストをマークした!


3位決定戦のスタート直後。加速。


安定したフォームで走りきり3位入賞!


全国大会での上位入賞を目指す!


ポイントレース出場の2年生中本優司。
上方部に位置し様子を窺う。


レース中盤から集団からのエスケープに成功し、
2人で抜け出す!


苦しくなるが、まだまだ行くぞ!


日本代表選手には及ばなかったものの
3位銅メダルを獲得!








200mフライングに出場した1年生塩田翔。
安定したフォームで走りきりました。


バンクでの練習風景です(第3コーナー付近)


社会福祉法人 青葉仁会主催のサイクルイベント「2013グリーンフェスタ」にボランティアとして参加しました!


自転車競技チーム「Team UKYO」を率いてご活躍の片山右京さんも毎年参加されているこの催しは、6月9日(日)奈良市水間町の「あおはに クラフト館」で開催されました。障がいをもっている方々も参加された大和高原でのサイクリングで、走行上の安全面でサポートさせていただきました。走行途中の休憩タイムやゴール後にも会話が弾み、多くの方々と交流を深めることができ、たいへん有意義で貴重な経験になりました。




地元奈良県の自転車競技の紹介・応援もしていただきました。


自転車部を紹介しました


インターハイのロードレースに3名が出場決定!



部訓:「自走不息」の旗が目立ち綺麗です!


宿泊場所の民宿「みやま」前にて。女将さんは
前身の北大和高校ご出身です。「先輩、2日間
お世話になりました。来年も宜しくお願いします!」


ウオーミングアップにも熱が入ります!



緊張の高まる上級生の姿



4月:新入生を迎えて、クラブ紹介しました!


緊張した面持ちでステージに上がった上級生4人。


マイクを握り説明するキャプテン宮地と
競技用自転車を持つ副キャプテン仲村。


ローラー練習を披露した2年生堀口。


新入生にも間近で見てもらいました。

▲ページトップへ