奈良西養護学校
校長室より小学部の教育中学部の教育高等部の教育

1 高等部の教育方針

-職業生活への参加をめざして-

 自分から進んで働き、社会の中でいきいきと生きる。中学校・中学部における教育の成果
をさらに発展拡充させ、一人ひとりの心身の能力・特性・ニーズに応じて、生徒の将来の職
業家庭や家庭生活に必要な能力や態度を養い、心豊かに自分らしく生きる力を身につけるよ
うにする。
 「働く」こととは、すべてが「労働」ではない。社会の一員としてそれぞれの役割を果た
すことを「働く」と表現した


2 高等部の教育目標

・青年期にふさわしい学習内容を整理し、実生活に役立つ知識・技能
・態度及び習慣の定着を図る。
・人とのつながり・かかわり合いを大切にし、学級・学年・学部・学
 校全体・地域社会へと、人間関係を広げていく。
・生徒の自己理解を育み、保護者との連携を図りながら、自己の生
 き方や卒業後の進路について、自ら考えられるように支援する。
・さまざまな学習活動を通して自己肯定感を高め、将来の夢や希望
 に向かって、主体的・意欲的に自分の力を発揮しようとする意欲
 態度を培う。

○具体目標

・正しい自己理解、自己肯定感を育て、自分らしく生きる。
・自分の思いを伝え、自分で決定したり、選択したりできる。
・自分の役割、やるべきことがわかり、意欲的に取り組める。
・気持ちを安定させ、自己調整力をつける。
・相手の意図を理解し、家族、友だち、仲間など、身近な人と共感し
 ながら一緒に過ごす。
・体力をつける。・集中し、持続し、やりきる力をつける。
・ルールやマナーなどを身につけ、社会の中で豊かに生活する。
・充実した余暇を過ごすための楽しみや趣味をもてる。



2018年度 行事の様子

  修学旅行