奈良西養護学校
校長室より小学部の教育中学部の教育高等部の教育


奈良西校章.gif生徒指導部奈良西校章.gif

◎生徒指導の強化を目指して

 ・保護者との連携を密にして個々の児童生徒をよく理解し、適切な指導を行う。
 ・児童生徒相互の結びつきをとおして人格を陶冶し、豊かな人間性を培うように
  努める。
 ・生徒会活動や通学指導において、学部間の調整と協力を密に行い、交流や合同
  活動を推し進める。

(1) 方 針

①正しい判断力を育て、自主的、自立的な生活態度を身につけさせる。
②日常の基本的な生活様式を理解し、習慣化をはかることにより規範意識形成
 の礎とする。
③人間関係のあり方を理解し、社会生活に参加していこうとする意欲と実践力
 を伸ばす。
④教育活動の全領域において安全教育を行い、児童生徒が安全に留意する態度
 をつけるよ うにする。
⑤一人一人を大切にし、いじめを許さない態度を養うとともに積極的に人間関
 係を築いていく力を育てる。
       
      <いじめ防止基本方針を資料として巻末に掲載>

(2) 本年度の実施事項

  ① 通学指導

ア スクールバスでの通学
・スクールバス内での安全指導と、楽しい雰囲気づくりに配慮する。
・スクールバス停を巡回し、現場指導とともに地域の協力を得ながら
 マナーを守り安全に通学できるようにする。

イ 単独通学及び部分単独通学
・保護者からの要請のもと、必要かつ可能な生徒について、十分な練
 習と安全性の確認を行った上で実施する。
・学校と家庭との責任分担を明確にしながら、協力して安全確保に努
 める。
・通学状況を的確に把握し、その上に立って適切な指導を行う。(通
 学路の安全点検、駅 や交番への協力依頼、付添指導、巡回指導など
 )
・学期に1~4回「安全通学学習」を実施し、交通ルールやマナーの
 確認をしながら、 単独通学生・部分単独通学生としての自覚を持た
 せ、安全に通学できるようにする。

② 児童生徒会活動

ア 生徒会組織
・生徒会役員は、(中学部と高等部より)会長・副会長の2役、専門
 部としてベルマーク 部、体育部、放送部の3部を置く。(生徒会役
 員選挙によってそれぞれ選出される。)
・生徒会役員会は、生徒会役員と学級代表(中学部・高等部)で組織
 し、随時実施する。

イ 活動内容
・学校生活や生徒による行事を、主体的・自主的に計画し、実施して
 いく力を身につけ させるとともに、生徒間の親睦・交流をはかり、
 集団活動の楽しさを知らせることを ねらいとして、各種生徒会行事
 を実施する。(生徒会選挙、生徒集会、美化活動など)
・学校内外の生活の向上をめざし、課題の発見や問題解決に努めるこ
 とをねらいとして、 生徒総会を毎学期1回実施する。
・水曜校時の放課後、単独通学生は校内美化活動(プランターへの花
 や球根植えや体育  館のモップかけなど)や校外美化活動(通学路
 やバス停留所周辺の清掃など)を行う。

③ 生活指導

・年度初めや夏期休業中、また必要に応じて家庭訪問を行い、家庭と
 学校の密接な連携と共通理解を深める。
・連絡帳による日々の様子の把握や、欠席等の連絡を密に行う。
・学校内外での友だち関係や、休日の過ごし方などを家庭と連携を取
 りながら指導して いく。
・児童生徒の学校内外における問題事象に関しては、担任や家庭、関
 係機関と連携をとりながら適切な対応、指導を行う。
・課題として「あいさつの励行」「校内美化活動」「生徒間の交流」
 を位置づけ指導する。

④ 安全学習

・災害時等の避難方法の徹底を図るため、スクールバス非常扉訓練や
 地震避難学習、火 災避難学習などを実施し児童生徒の発達段階に応
 じて指導する。
・不審者への対応や様々な緊急時における行動の仕方等について、児
 童生徒の発達段階 に応じて指導する。


2017年 生徒会主催行事

   3月 生徒会役員交代式 生徒総会・M1グランプリ

   4月 高等部新入生歓迎会 小学部新入生歓迎会

   5月 火災避難学習
   
   6月 クリーンアップキャンペーン

   7月 ダンス大会 地震避難学習 1学期生徒総会

   11月 火災避難学習