1 教育目標
  日本国憲法、教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、次の三訓を校訓とし、フロンティア精神に燃え、パイオニアの自覚のもとに、学校づくりに努力する。
信愛    気魄    創造
 (1) 人間尊重の精神に基づき、常に誠意をもって人に接し、信頼され、愛される人間を育てる。
 (2) 学業に専念し、心身の錬磨に励み、何事にも公明正大で責任をもってやり遂げる気概と、困難に打ち克つ力をもった人間を育てる。
 (3) 広い視野に立ち、可能性を追求し、自ら考える力をもち、創造力豊かな人間を育てる。
 
2 目指す学校像(学校運営方針)

 「地域に根ざし、学び合い、育ち合う学校」を目指す。そのために、教職員の英知を結集して、確かな学力、けじめある生活力、豊かな人間力、たくましい心身と自己管理能力、確かな社会感覚や規範意識を備え、将来社会に貢献できる人材、地域と共生できる人材を育成する。
 

3 本年度の目標

 「目」をかけ、「ことば」をかけ、「時間」をかけ、「心」をかけ、「夢」をかける指導を徹底する。そのために、「今この時」を大切にし、「やり続けること」「やり遂げること」を大切にする指導、および生徒自らが「学力」「体力」の向上を実感できる指導を徹底する。また、それぞれが当事者意識を持った確かな取り組みを実施する。
 

4 本年度の重点プラン                               

(1)学ぶ目的を理解させ、学ぶ意欲の醸成と学習習慣を確立する。

(2)指導目標・計画(シラバス)に裏打ちされ、生徒の授業満足度の向上を図る授業を実施する。

(3)自立的生活態度と豊かな社会性を養い、正しい判断力を持った生徒を育てる。

(4)自己実現に向かって意欲的に取り組む生徒を育てる。

(5)生命や人権を尊重する心、環境美化に対する認識、豊かな情操を育てる。

(6)自国文化への誇りと他国文化を尊重する精神の醸成や豊かな国際感覚を育む。
 

5 具体的教育目標

○ 生徒個々に年度目標を設定させ、その達成に向けた意識的な取り組みを徹底させる。また、学習の充実と習慣化に向けた指導の改善・工夫に努める。

○ 教員の指導力を向上させる授業研究等の取り組みと、授業満足度の向上を目指した取り組みを充実させる。

○ 「規範意識向上プロジェクト」を立ち上げ、時間を守る意識の徹底、規範意識の育成、交通マナーの定着、ボランティア活動の活性化に努めるとともに、地域と共にある学校づくりを推進する。

○ 系統的なキャリア教育を一層推進するとともに、進路実現に向けた学びの「コア」の育成を図る。併せて、学力向上推進プロジェクト委員会(最終年)の充実に努める。

○ 環境美化意識・環境保全意識の向上、いじめや差別を許さない集団づくり、教育相談機能・特別支援教育機能の充実に努めるとともに、学校安全・防災体制の確立と研修の充実を図る。

○ 地域との連携と協働を図る「地域フォーラム」を核とする多様な取り組み、および地域の文化遺産理解と保全への取り組みを推進する。