警報・注意報の発令対象地域区分は、次の3種類の形式に分けられています。

① 奈良県下全域

② 従来の北部、南部の2区分(天気予報は従来通りの2区分で発表される)

③ 北部を北西部・北東部・五条北部吉野の3区域に、南部を南東部・南西部の2区域に細分化し、5区域に分けた形

これに伴い、県内に気象警報が発令されたときの、生徒の登校・自宅待機は、下記のとおりとします。

 

1 県内全域に警報が発令されたとき

① 午前7時に警報(大雨、大雨洪水、暴風、暴風雨)が発令されていれば、自宅で待機する。

② 登校途中で警報発令の報道を確認した場合は、直ちに帰宅し自宅待機する。

③ 午前10時までに警報が解除された場合、午後の授業に備えて安全な方法で登校する。

2 警報が上記①(北部・南部)の2地域別に発令されたとき

① 北部に警報が発令されたとき、生徒は1の①、②、③に従う。

② 北部以外の地域に警報が発令されているとき、警報発令地区に居住している生徒は1の①、②、③に従い、発令されていない地域に居住している生徒は十分に安全に注意して登校する。

3 警報が上記③(北西部・北東部・五條北部吉野)の区域別に発令されたとき

① 北西部に警報が発令されたとき、生徒は1の①、②、③に従う。

② 北西部以外の地域に警報が発令されているとき、警報発令地区に居住している生徒は1の①、②、③に従い、発令されていない区域に居住している生徒は十分に安全に注意して登校する。

 

<参考>

奈良地方気象台が発表する気象警報等の地域区分は、次のとおりです。

北部

① 北西部・・・・・奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、香芝市、葛城市、生駒郡、磯城郡、高市郡、北葛城郡

② 北東部・・・・・山辺郡、宇陀市(大宇陀区、菟田野区、榛原区、室生区)

③ 五條・北部吉野・・・・・五條市(大塔村を除く)、吉野郡(吉野町、大淀町、下市町)

南部

① 南東部・・・・・宇陀郡(曽爾村、御杖村)、吉野郡(黒滝村、天川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村)

② 南西部・・・・・吉野郡(野迫川村、十津川村) 、五條市(大塔村)

 

定期考査中の警報発令時の登校について

午前7時に警報が発令されており、午前10時までに解除された場合

 考査校時 

         SHR 13;00

         1限  13:25〜14:15

         2限  14:30〜15:20

         3限  15:35〜16:25

警報発令のため休校になった場合

 考査期間を延長し、実施できなかった考査は最終日、定期考査中の校時で実施する。