本文へスキップ

がんばる奈良県の先生を応援します。

●このサイトに掲載するQ&Aの項目や写真等を募集しています。
ご意見やご要望と共に以下のメールアドレスにお寄せください。

sensei-iken@nps.ed.jp (受付期間 2012.5.31まで)

教材

【Q1】授業に活用できる教材や学習指導案、その他の教育情報等を集めたサイトはありませんか?

教育研究所のウェブページ上に「なら“先生の蔵”〜授業のための教材・教具集〜」のコーナーがあります。授業に活用できる教材・教具、学習指導案例、各教科等のリンク集、教育研究所で作成した視聴覚教材、デジタルコンテンツ、研究紀要・研究集録、研究助成金等に関する情報を閲覧することができます。

(教育研究所)

【Q2】無償で使えるディジタル教材はありませんか?

インターネットを通して、小・中・高等学校の授業で使える教育用ディジタルを提供しているサイトがいくつかあります。なかには、非営利・教育目的という条件で無料での利用が可能であったり、登録者だけが自由に加工・改変が可能なものもあるので注意してください。

(教育研究所)

【Q3】奈良を素材にした視聴覚教材やデジタルコンテンツはありませんか?

県立教育研究所で、デジタルテレビとDVDプレーヤーで利用できる教材コンテンツを制作しています。県立教育研究所ホームページで、教材コンテンツの動画配信や説明をしています。

(教育研究所)

【Q4】授業に役立つビデオ教材はありませんか?

教育研究所の視聴覚ライブラリーで、人権教育関係のビデオ教材(一部DVD教材)の貸出を行っています。教育研究所ホームページで、視聴覚ライブラリーの説明をしています。

(教育研究所)

【Q5】統計の内容を教える際に参考になるホームページは?

学習指導要領解説に「資料を整理した結果を用いて考えたり判断したりすることの指導を重視する(中学校)」「コンピュータなどを用いてデータを整理し、数学的に考察し説明ができるようにする(高等学校)」とあるように、授業の中に、資料(データ)を実際に整理したり分析・考察したりする内容を取り入れていく必要があります。

(教育研究所)


【Q6】小学校の社会科で、地域を扱った学習をしています。他地域の様子も知りたいのですが、資料はありませんか?

各市町村等で作成し、提供いただいた「小学校社会科副読本」を、教育研究所の図書資料室で閲覧できます。
また、小学校マルチメディア教材「奈良県のくらし」を県教委ウェブページから閲覧できます。

(教育研究所)