本文へスキップ

がんばる奈良県の先生を応援します。

●このサイトに掲載するQ&Aの項目や写真等を募集しています。
ご意見やご要望と共に以下のメールアドレスにお寄せください。

sensei-iken@nps.ed.jp (受付期間 2012.5.31まで)

人権教育推進の基本的考え方

【Q1】「人権教育の推進についての基本方針」とは?

平成20(2008)年2月、より豊かな人権教育を推進していくための方向性を示す大きな柱として、「人権教育の推進についての基本方針」を策定しました。その内容を深く理解して、各学校、地域において、それぞれの課題に即して人権教育の取組を推進してください。

(人権・地域教育課)

【Q2】「人権教育推進プラン」とは?

「人権教育推進プラン」は、人権教育を具体的に推進するために大切にしたい内容等について示しています。各学校における人権教育推進計画の策定等に参考にしてください。

(人権・地域教育課)

【Q3】人権教育を進める基本的視点は?

「人権教育推進プラン」では、人権が尊重される学校の具体像をイメージして、次のように3つの基本的視点を示しています。これらの視点を重視して人権教育を推進してください。
・一人一人の可能性を伸ばすことから(自己実現の視点)
・一人一人のちがいを豊かさとして捉えることから(共生の視点)
・一人一人のつながりを大切にすることから(人間関係づくりの視点)

(人権・地域教育課)

【Q4】人権教育推進の基本方向は?

人権教育を具体的に推進していくためには、人権教育の全体的な概念を捉えることが必要です。「人権教育推進プラン」では、人権教育を次の4つの側面から捉え、それらを具体的な推進の基本方向としています。これらを踏まえて、教育活動全体を通して取組を進めてください。
・教育を受ける権利の保障を通して(education as human rights)
・人権についての理解を深める教育として(education about human rights)
・人権を尊重する主体を育てる教育として(education for human rights)
・人権が尊重される教育として(education through human rights)

(人権・地域教育課)

【Q5】人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]とは?

文部科学省は、学校における人権教育を推進するため、学習指導要領等を踏まえた指導方法の望ましい在り方等について調査研究を行い、平成23(2008)年に「人権教育の指導方法等の在り方について[第三次とりまとめ]」を公表しました。[第三次とりまとめ]は、理論的な観点からまとめた「指導方法等の在り方編」と「実践編」の二編で構成されています。

(人権・地域教育課)