ホーム > 学校紹介 > 教育方針

教育方針

教育目標

 教育基本法等の理念のもと、心身ともに健康で正義と真理を愛し、勤労と責任を重んじ、豊かな情操と自主的精神に満ちた国家社会の形成者を育成する。

(1) 学力の充実・伸長とともに、自主的創造的な態度や能力の伸長と啓培に努める。

(2) 人権尊重の精神に徹し、規律を重んじ、道徳心や社会の連帯意識を育てる。

(3) 豊かな情操に支えられた、たくましい気力・体力の増進と健康の自己管理の徹底、
  安全確保のための能力の開発に努める。

(4) 国際理解・国際交流を深め、情報化、価値観の多様化などの社会変化に対応できる
  人材の育成に努める。

学校経営

本校の学校経営方針

(1) 教職員と生徒が互いのコミュニケーション能力を高め、共有化されたビジョンのも
  とで充実した教育活動を展開し、生徒一人一人が自己実現を目指すとともに、校訓
  である「敬愛・克己」の体得を図ることを支援する。

(2) 「知育・徳育・体育」の充実により「社会に貢献する自立した人材」を育成し、今
  日的教育課題に適切に対応するとともに、学校の安全を確保し、地域や保護者から
  信頼される「魅力ある学校」づくりに努める。

(3) 「自分に自信と誇りをもてる生徒」「人に優しくできる生徒」「健康でさわやかな
  生徒」の育成に努める。

(4) 地域と共にある学校づくりの更なる推進を目指し、保護者や地域住民等が本校の学
  校運営に参画し、連携を促進することにより、互いの信頼関係を深め、協力して学
  校運営の改善及び生徒の健全な育成に取り組む。

指導の重点

(1) 確かな学力の育成−「自分に自信と誇りをもてる生徒」の育成
 ・ 基礎的な学力の定着を図り、学ぶ意欲を喚起し、学力を向上させる。
 ・ 自ら学び、自ら考えるなど主体的・探究的に取り組む態度を育成する。
 ・ 言語活動を充実させるとともに、思考力、判断力、表現力を育成する。
 ・ 自尊感情を育て、自己肯定感を養う。
 ・ 帰属意識を高め、愛校心を育む。
 ・ 生徒一人一人の能力・適性にあった進路保障を図る。
 ・ 望ましい職業観を育成し、検定や資格取得等で生徒の能力の伸長を図る。

(2) 豊かな人間性の育成−「人に優しくできる生徒」の育成
 ・ コミュニケーション能力の育成を図る。
 ・ 人権尊重の精神に徹し、他者を認め共に生きる能力と態度を育成する。
 ・ 道徳心や公共心を育み、社会の一員としての自覚を深めさせる。
 ・ ボランティア活動を推進し、地域や社会に貢献する精神を育てる。
 ・ 感謝の気持ちをもたせ、自主的に行動できるようにする。
 ・ 読書活動を推進し、活字文化に馴染み、豊かな人間性を育成する。

(3) たくましい心身の育成−「心身ともに健康でさわやかな生徒」の育成
 ・ 自らの健康と安全に留意し、基本的な生活習慣と身に付けさせる。
 ・ 部活動への積極的な参加を促し、体力・気力の向上を図る。
 ・ 食事、学習・運動、休養・睡眠の規則正しい生活リズムの実践により、
   自己管理能力を向上させる。
 ・ 挨拶や正しい言葉遣いができるようにする。
 ・ 規範意識を向上し、正しい判断ができるようにする。

本年度の重点目標

◎ 基礎学力の充実伸長を図る。
 「朝ドリル」の活用、家庭学習の充実、「聞けやさやけきノート」の活用、計画的な
 学習、補充講座の充実、言語活動の充実、授業研究の推進、学ぶ意欲と想像力を高め
 る教育の実践 等

◎ コミュニティスクールの取組を通して保護者や地域の要望や意見を学校運営に反映
 させるとともに、地域と連携し、地域と共にある学校づくりを推進する。地域貢献で
 きる外部人材の活用にも努める。
 
公開講座・出張授業の実施、近隣の学校・園との連携、外部人材の活用 等

◎ ニーズに応じた特色ある教育課程を研究する。
 
看護・医療コースの教育内容の充実、進学に向けた基礎学力の充実、南奈良総合医療
 センター等との連携によるキャリア教育の充実 等

◎ 奈良TIMEを活用し、奈良の歴史を学ばせ、郷土愛を育む。
 
総合的な学習の時間の活用、授業との連携、奈良に関する講演 等

◎ 規範意識の向上を目指す。
 
欠席・遅刻を減らす取組、挨拶・マナーの向上、制服の着方講習の実施、規範意識の
 点検 等

◎ 自分に自信と誇りをもてる指導を行う。
 
検定等の合格率の向上、校歌の指導、各種コンクールへの挑戦、言語活動の充実 等
                                                    
◎ 特別支援教育の充実を図る。
 
特別支援の必要な生徒・不登校生徒への指導体制の充実、支え合う仲間づくり 等

◎ 体力向上を目指す取組を行う。
 部活動の活性化、自己記録の更新、効果的な練習法の研究、外部指導者の活用 等

◎ 積極的に広報活動を行い、学校のよさをアピールする。
 中学校訪問、高校見学の充実、HPや報道資料の積極的な更新や発信 等

◎ 防災教育の見直しを図る。
 HRなどにおいて定期的・計画的に防災教育を行い、火災だけでなく、地震や豪雨等
 の非常変災に対応できる力を育成する。

◎ 危機等発生時対処要領(いわゆる「危機管理マニュアル」)を策定する。
 各分掌ごとに展開されていたリスクマネジメント、クライシスマネジメントに関する
 資料を点検・見直し、「大淀高等学校危機管理マニュアル」としてとりまとめる。

学校経営のグランドデザイン

▲ページトップへ