ホーム > 学校生活 > 部活動(運動部) > 日本拳法

日本拳法部

日本拳法部

日本拳法部


【日本拳法とは】
 昭和7年、大阪・関西大学の澤山宗海によって、創始された徒手総合武道。日本古来の格闘技術「やわら=柔術」は本来、突き・蹴り・投げ・逆・寝技をすべて含む総合武術でした。「柔道」が投げ・絞め・固め技に特化して競技スポーツとして成熟し、「合気道」が関節技に特化して演武中心の護身武道として世に出たのに対して、「日本拳法」は当て身技に特化し、さらに投げ・逆・寝技を加え、独特の防具を使用した実戦練習を行う徒手総合武道として完成されました。
 警察の「逮捕術」や自衛隊の「徒手格闘」の中核技術として採用されるほどの実用性を誇り、ボクシングやキックボクシング・K−1・シュートボクシングなど、他の格闘競技でもチャンピオンを多数輩出するなど、武道・格闘技の世界では一目置かれる存在でもあります。

buin

1年
2名 (男子選手1名、女子選手1名)
2年
5名 (男子選手3名・女子選手2名)
3年
2名 (男子選手2名)
9名

rensyu

練習風景


練習は部旗にある「不退転」の精神にて、肉体面だけでなく、日々弱い自分の心と向き合い、打ち勝つことができる「克己心」の育成を目標にしています。

naiyo


○平日(月曜日〜金曜日)
  放課後2時間程度の基礎練習及び防具練習。
○土曜日
  基本午前中練習。橿原高校・青翔高校と合同練習を行うことが多いです。
○日曜日
  原則OFF。大会・昇級試験等がある時は月曜日がOFF。


message


 高校から日本拳法を始める生徒ばかりであり皆初心者であるため、気兼ねなく格闘技を始めることができます。また、日本拳法部がある奈良県3校の交流は深く(大淀高校・橿原高校・青翔高校)、高校を越えて同じ武道の「道」を歩む仲間ができます。よき友と出会い、お互いが個性を尊重し合い、自分自身を高めていく。こんな場所であなたも活動してみませんか。
 また、大学からのスポーツ推薦は活発であり、これまで多くの大学に推薦にて進学を決定した先輩が多くいます。現在だけでなく将来に繋がる部活動といっても過言ではないです。

【主な実績大学(奈良県3校)】
早稲田大学・明治大学・中央大学・関西学院大学・立命館大学・関西大学・同志社大学・龍谷大学・桃山学院大学・流通科学大学・大阪経済大学・大阪商業大学 など

一年間の主な活動
4月

第1回昇段級審査会
西日本高等学校日本拳法選手権大会(団体)
5月

日本拳法奈良県選手権大会(個人・団体)
西日本高等学校日本拳法選手権大会(個人)
6月

第2回昇段級審査会
7月

日本拳法都道府県対抗大会
4校合同合宿(大淀高校・橿原高校・青翔高校・大商大堺高校)
8月

全国高等学校日本拳法選手権(個人・団体)
9月

第3回昇段級審査会
全・日本拳法総合選手権大会
10月

龍峰杯優勝大会
奈良県高校総体日本拳法部門
11月

西日本高等学校日本拳法選手権大会 予選(団体)
12月

第4回昇段級審査会
1月

奈良県高等学校日本拳法新人錬成大会
2月
3月

全国高等学校日本拳法選抜大会(個人・団体)
4校合同合宿(大淀高校・橿原高校・青翔高校・大商大堺高校)

zisseki


平成29年度実績
・奈良県高校日本拳法選手権大会
 女子個人  準優勝
 男子個人  三位
・全国高校日本拳法選手権大会
 男女団体・個人出場
・全日本総合選手権大会
 男子個人  出場
 女子個人  出場
・奈良県高校総合体育大会
 男子個人  三位
・三人が初段に、三人が一級になる。

▲ページトップへ