聴能部/Hearing ability

1.業務内容

・聴力測定と補聴器フィッティング
・補聴器管理(点検と故障への対応)
・測定機器や集団補聴器の管理
・外来の補聴相談 (申込先・特支にリンク)
・研修の企画・実施(校内・校外の教員対象)
・他機関との連携(医療、福祉、教育機関など)
・補聴関係資料収集
・機関紙「音・きこえのノート」による情報提供
 

2.スタッフ紹介

早期:中尾
幼稚部:今井、酒井
小学部:出口、佐竹
中高部:今岡、畑中、山田

3.聴力測定室案内

・第1聴力測定室のオージオメーター。この測定室の壁は暗騒音を40dBSPL以下に抑えてあります。測定を受ける人は高い音、低い音を音量(dB)別に聞き、聞こえたらボタンを押すという方法で行っています。

・語音測定のコーナー。単音や語音、文章などの聴き取り測定を行います。

・補聴器特性測定装置。日々の補聴器チェックに使用しています。
新たにFONIX8000を導入しました。

・第2聴力測定室。圧迫感を少なくするために窓をつけた、乳幼児用測定室です。音に対する振り向きや、ボタン押し反応を観察します。

 
 

4.音・きこえノート

「音・きこえのノート」は聴能部が毎月編集・発行している新聞で、きこえや補聴器、福祉など、広く聴覚障害教育に関連した記事を掲載しています。校内の保護者や教職員だけでなく、インテグレート先の学校や関連機関にも配布しており、毎月約400部印刷しています。
 
平成29年度
4月号5月号10月号
平成28年度
4月号5月号6・7月号9月号10月号
1月号2月号
平成27年度
4月号5月号6月号9月号10月号11月12月号1月号
2月3月号
 
平成26年度
4月号5月号6・7月号9月号10月号11月号1月号2、3月号
 
平成25年度
4月号5月号6・7月号9月号10月号11・12月号1月号2・3月号