平成27年度研究テーマ「言語活動の充実を目指して」(全体テーマ)

 

○早期教育部の研究テーマ
『 「早期教育部の指導プログラムの作成~グループ指導と保護者支援に焦点をあてて~」

 

○幼稚部の研究テーマ
『 自由遊びを通した働きかけ~数量の概念を身につけさせるために~ 』

 

○小学部の研究テーマ
『 日本語指導のプログラム作り 』

 

○中学部の研究テーマ
『 言語活動によって自己を見つめなおす自立活動 』

 

○高学部の研究テーマ
『 社会に出て行くための言語力の向上を目指して 』

 

○寄宿舎の研究テーマ
『 あらゆる生活場面を通した言語力の向上 』
『~一人一人が主体的に関わることができる舎生会を目指して~』

 
 

1回目 平成27年8月3日(月) 13:00~15:30
「ワークショップ&実践交流会「授業を考えよう」

 

2回目 平成27年12月22日(火) 13:00~
「講演会  講師 竹内 晃(本校校長)」

 

3回目 平成28年3月3日(木)
「部研報告会(予定)」

 

【前期】 平成27年8月5日(水) 10:00~12:00
① 基本問題研究大会に向けて(プレ発表)
  「言語活動の充実とその基となる言語指導について」(中学部)
② 重複児童生徒のための教材や指導の工夫について紹介タイム

 

【後期】 平成28年1月29日(金) 15:50~
  J-COSSをもとに事例研究を行う。

 
 

第28回 基本問題研究大会

日時 平成27年8月12日(水)
場所 ホテルアウィーナ大阪
主管校 大阪府立生野聴覚支援学校
 大会テーマ

「「聴覚障がいのある子どもたちの言語力
(日本語力)、学力を考える」

 

第49回 全日本聾教育研究大会(佐賀大会)
日時 平成27年10月8日(木) 9日(金)
場所 佐賀県立ろう学校 福岡県立久留米聴覚支援学校 他
主催 全日本聾教育研究会 九州地区聴覚障害教育研究会
主管校 佐賀県立ろう学校
大会主題 

子どもの生きる力を育むための個に応じた指導を目指して。

 

新しく本校に着任された教職員の研修です。

1学期中に、本校聾教員による手話研修を全11回行う。

 

新着任手話研修会〈手話の学習〉

5月~7月〈計11回実施・・・内2回外部講師による手話研修(講演)〉

ダブルクリックで再生です

 
新着任研修会
第1回 「聞こえに関する講座」
第2回 「聴覚障害やろう教育に関する講座」
第3回 「自立活動に関する講座」
第4回 「発音発語に関する講座」
第5回 「ろう学校に関する講座」

 
 

 

新着任者(今年度、本校に赴任してきた教員)が、本校の授業の様子を知り、展開の工夫や教材の配慮すべき点などを学び、自身の指導に生かせることを目的に実施する。9月に、早期教育部から高等部各部の教員それぞれ1名が授業を公開する。新着任者は、1人3つの授業を見学する。参観後は感想や意見を所定の用紙に記入し、授業者に渡す。10月初旬に、その用紙に記入された内容にも触れながら、授業者と参観者の意見交換会を行う。

各学部で研究内容を決め、研究紀要として年度末に発行する。