・乳幼児(0~2歳)のお子さんのきこえやことばについて教育相談を行っています。
・聴覚障害のあるお子さんと保護者の親子教室を開いています。
・いずれも相談費用はかかりません。遠慮なくご相談ください。

連絡先 TEL 0743-56-2921  FAX 0743-56-8833 
早期教育担当:釼持(けんもつ)まで

早期教育部では、

0歳児クラス 週1回、個別指導やグループ指導を行います
1歳児クラス 週1~2回、個別指導やグループ活動を行います。
2歳児クラス 週2回の指導(個別・グループ)や幼稚部3歳児との交流保育を行います。

※その他、季節の行事や家庭訪問、聴力検査や発達検査、保護者学習会などを行なっています。

0歳児クラス


まだ まだ ひよこに通い始めたばかりの0歳児さん。おもちゃが欲しくて手をのばしたり、ごろりと寝返りしてお友だちと見つめ合ったり・・・とほほえましい姿が見られます。最初は緊張気味だったお母さん、お父さんも、子どもたちの楽しそうな様子につられて会話がはずみます。ご家族にとっても、よい交流の場にしていきたいなと思います。

1歳児クラス


<もう1回!><待って><おしまい>・・と、自分の要求を表現することばがあふれ出てくる1歳児さん。親子の関係から子ども同士の関係へ、遊びにも広がりが出てきました。自我が強くなり、イヤと言い出したら引かないなど、育児の難しさも増してきます。「こんな時、どうしてるの?」と、同じ悩みで話し合い知恵を出し合うこともしばしばです。

2歳児クラス


ままごと、お店ごっこ、お医者さんごっこ、生活で経験したことをごっこ遊びで再現し、友達とやりとりして遊ぶ2歳児さん。<替わって~><まだまだ><いいよ~>と、友だちとの間でも声や手話でことばがやりとりされています。友だちと同じようにしたい!という気持ちが高まり、嫌いな食べ物でも真似して口に入れたり、苦手なことにもチャレンジしたり。子ども同士の中でもまれながら成長していくのですね。

入門講座

毎月1回「入門講座」と題した保護者学習会を開いています。ゲストも招いて、基本的な内容を幅広く知っていただけるよう企画しています。また、毎月1回の「手話学習会」では、手話の基本的な語彙や表現を学び、お子さんとのコミュニケーションについて考えます。参加された保護者同士でも意見を出し合ったりして交流する機会となっています。
 
内容例
・乳幼児期に大切にしたいこと
・きこえの育ちとかかわり
・成人ろう・難聴者のお話
・食と栄養
・幼稚部の教育、子育て
・小学部の教育
・きこえのしくみとオージオグラム
・絵本を楽しむ
・先輩保護者のお話 など
 
 

幼稚部と交流

2歳児クラスのみんなは、月に1度、ひとつ上の幼稚部3歳児クラスに遊びに行きます。おにいちゃんやおねえちゃんの遊びはとっても魅力的。子どもたちの遊ぶ様子や会話の内容を見ることで、保護者の方々は1年後の姿をいろいろ想像されるようです。

聴力検査


月に1回はこの部屋へ。音が聞こえた時の子どもの反応を観察します。ボタンを押すとおもちゃが動いたり光ったりするので、子どもはこの部屋に来るのが大好きです。検査の結果に合わせて、補聴器の調整も行います。

こいのぼり


ひよこぐみの窓から見えるこいのぼりが、春風に吹かれて気持ちよさそうに泳いでいます。ベランダに出てこいのぼりをながめるのがみんな大好き。大きな紙に目玉を貼って、こいのぼりを作ることにしました。始めは紙のはしっこに小さく描いていたのに、友だちにつられてどんどん大きく、色も替えてぐるぐる描きました。できあがったこいのぼりは窓に貼ってみましたよ。本物のこいのぼりはもっともっと大きいなあ!中に入ったり出たりして遊びました。

はなび


夏の登校日に、花火を作りました。黒い大きな紙に、きれいな色紙をぱらぱら。はじめは「ぱらぱら~」「きれいだねえ」と話していましたが、だんだん形になるにつれて「はなび、おおきい」「どーん!、どーん!」と、花火の経験と結びついたお話が出てきました。みんなで作った大きな花火を、壁に貼ってながめました。

バス遠足


秋の遠足は、スクールバスに乗って九条公園に行くことになりました。大きなバスに乗ることを楽しみにして、バスごっこをしました。バスにお友だちの顔写真を貼り、クレヨンでぐるぐる描きをしたり、シールを貼ったり。いよいよしゅっぱーつ、並んでバスを走らせました。「まってー」「いっしょにのせてー」「どこへ行くのー?」「こうえーん」「びょういーん」「おかいものー」。

ほっとけーき


「たまごをわって、ぐるぐるまぜるよ」「ぺったん、まるくのばしたよ」
ひとつひとつの手順をしっかりと見て、自分がする順番を待っている1歳児さん。できたてほかほかのホットケーキを食べました。
「この経験を、どんな絵にしてあげたらいいでしょうか?」「子どもの心が一番動いたのは、どこでしょうか?」後の保護者学習会では、ホットケーキづくりの経験を絵にして子どもと話し合う方法について考えました。

ひびき祭り


0・1・2歳児は、絵や工作の作品展示で参加しました。春から作りためてきた作品は、小さな手で描いたり切ったり貼ったりした、力作ぞろい。ぐるぐる、ぺたぺた、親子で楽しみながら制作した様子を写真で紹介し、お客さんたちに見てもらいました。

大きなかぶ


2歳グループのお話し遊びで、「おおきなかぶ」をしました。
「なかなか ぬけません」「てつだって~」「うんとこしょ、どっこいしょ!」。
とうとうぬけた、かぶの大きさに、みんなびっくり!「うわ~!!!」それはそれは大きな声が出ました。