高校生社会参加事業(地域との協働事業)
筒井順慶まつりの参加

 
去る9月10日(日)、筒井順慶顕彰会主催による第17回筒井順慶まつりが開催され、高等部生徒12名が会場案内係や、武者行列、模擬店「わたがし」の出店に参加しました。筒井順慶は、戦国時代に偉業を成し遂げた地元筒井地区とゆかりのある人物です。筒井順慶まつりは、その偉業を伝え遺徳を偲び、また、地域の活性化や地域のつながりを大切に筒井順慶顕彰会が中心になって2000年から開催されています。地域の歴史や文化的な魅力を知り、地域との協働による交流を深め、地域貢献、啓発に積極的に取り組む生徒会活動として、3年前から参加しています。会場となった筒井城跡地には、多くの来場者が訪れ、筒井順慶甲冑隊による行列や堺鉄砲隊の披露、筒井地区の関係団体による模擬店などが実施されました。模擬店の「わたがし」販売では、積極的にコミュニケーションをかわし、地域の方に着付けをしていただいて暑い中行列に参加したり、筒井駅前では手作りの案内地図を配布して会場まで案内したりしました。また水攻め合戦にも参加し会場を盛り上げまし
た。「がんばって!」と励ましの声をかけていただいたり、冷たい飲み物を差し入れしてくださったり、地域とつながるコミュニケ―ションの大切さを実感しました。
(生徒の感想)
・参加する前は、とても緊張した。地域の方と協働行事はあまりしないから、不安がいっぱいだった。実施した後は、また来年も参加したいと思えた行事でした。また来年やるなら、わたがしにできれば挑戦したいと思いました。祭りでいろんな人に出会えた事に感謝し、世界が少しだけ広がった気がします。
・わたがしを失敗したり、忙しくて大変だったけど、楽しかったです。水攻め合戦は優勝できて驚きました。高3みんなの最後に良い思い出が作れたと思います。できたら来年もしたいです。
・他の店のおじいちゃんたちが、「がんばって」って声をかけてくれたり、差し入れくれたり、優しい方ばかりで楽しかったです。小さい子から大人の方まで楽しむことができて、良い経験になりました。