2016 タイ研修

ホーム > SSタイ研修

 
      

5日目

(2016..12.23)

         午前中生徒たちは、チョンブリー地区にある三菱電機の工場を見学しました。
        
         午後はその見学で得たことをグループ別に発表をしました。
          夕刻からフェアウェルパーティーに参加し、舞台での発表等も行い、大いに盛り上がりました。

         
         


     
          
          
          
          
        
        
         

4日目

(2016.12.22)

        チョンブリ班は、午前中は口頭発表がありました。自分たちが研究して
     きた成果を英語で発表しました。午後からはタイの生徒との交流やワーク
     ショップを通して親睦を深めたり、ロボットを協力して作ったりしました。

       
        
        
        
        
        

       ナコン班は、本日はナコンシータンマラートの歴史や自然についての研修
     でした。
午前中は、市街中心にあるプラマハタート寺院や博物館の見学をし
     ました。午後は、山麓にあるキリウォン村周辺を散策しました。そして早め
     に姉妹校に帰り、生徒との文化交流を行いました。姉妹校の生徒たちからは
     伝統芸能が紹介され、本校の生徒からは日本のポップカルチャーを紹介しま
     した。本校と姉妹校間の交流促進と友情を確認できた、素晴らしい時間でし
     た。

        
        
        
        
        
        
        
      
       研修も折り返し地点ですが、ますます盛り上がるタイ研修です。

3日目

(2016.12.21)

       ナコン班は、本日はフールドワークの日です。車で2時間移動し、ラムサール
     条約登録湿地であるタレノイ野鳥保護区に行きました。湖をボートで移動し、野
     鳥や湿性植物を観察しました。何とここには、水牛が放牧されています。普通の
     水牛は、こんなに深い湖にはいないそうです。

       次に、国立タクシン大学を訪問しました。絶滅が危惧されているナマズの交配
     と、完全養殖化をめざす研究者の講義を受け、施設見学をしました。このナマズ
     は非常に美味しいらしいです。

       最後に、Khaopu-Khaoya国立公園に行きました。熱帯多雨林のトレッキングを行
     いました。雨の中、裸足で川をわたり、木をかきわけジャングルを歩きました。

       日本ではできない体験ができた一日でした。
       
       
       
       
       
       
       
       

        チョンブリ班は、
朝からTJ-SIFの開会式があり午前中ポスター発表がありまし
      た。昼からは他の学校の発表を見たあとチュラボーンの各校地方文化の紹介と体
      験の催しがあり、各校の生徒ともふれあいがありました。その後ウェルカムパー
      ティーに参加しました。最後は打ち解けたようで、盛り上がっていました。

       
       
       
       
       
       
       

2日目

(2016.12.20)

       
        ナコン班は、姉妹校に到着後、歓迎式典、生徒の研究発表、共同研究に
        ついての会議、水本・松川によるタイの高校生への公開授業と盛りだくさん
        の一日でした。生徒は、現地高校の寮で一晩を過ごしたせいか、タイの生
        徒たちとさっそく打ち解けているようです。明日は現地の大学を訪問します。
       
       
       
       
       
       
       
       

        チョンブリ班は、朝ご飯とチョンブリー周辺の寺院や施設を見学しました。
        その後、チョンブリー校に移動し、発表準備をして夕食をいただき、生徒
        は現地高校の寮に入りました。明日はいよいよ発表です!!
       
       
       
           

1日目

(2016. 12.19)

       
       
        
       
タイ研修1日目です。
本日の活動は、日本から各目的地までの移動のみです。
チョンブリー班は、バンコクのホテルに到着し、翌日から始まる、Thai-Japan Student ICT Fairでの発表準備に励みました。
ナコン班は、バンコクからクラビまで国内線で1時間30分かけて移動後、さらに車で2時間30分移動し、ナコンシータンマラートに到着しました。

迎えに来てくださった姉妹校の先生方の笑顔に励まされ、無事に本日の行程が終了しました。
          
       

ページの先頭へ